< 前のページ ホーム 次のページ >

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2014/01/20 口和深 沖の片ハエ

2014-01-20 22:30

2014/01/20 口和深 沖の片ハエ

 「皆で土日に夜勤をし、月曜火曜と平日でグレを釣ろう!」と言う計画を立て、

12月初旬に勤務希望を提出し、今回の釣行となりました。

まだ磯経験が片手未満の20台前半 U君S君、いつもの釣り好き中堅O君、

一つ年下H君と私で計5人。


 場所は皆の希望で枯木灘方面。

ただ、予報では昼から荒れる予報で、口和深の谷口渡船は休み。

他の渡船屋に電話しても、昼くらいまでかも?とのこと。

迷い迷って口和深に決定。


834409602.jpg

 6時20分過ぎに出船。この日は下谷渡船のみだったが、沖三方面とその他方面に2隻が船着きへ。

沖三方面の船は10人も乗っていない。O君H君が行こうとするが、

その10人弱くらいで舟先をブロックされ乗れずに戻ってきた(^^;

 私たちの乗った船は、大島~大坪と数人ずつ降ろしていき、

立島でO君H君の二人が、トヤでS君U君の若手コンビが、

2人しか乗ってない中三に2人降ろして、も一人どこかおろして最後に私。

沖の片ハエ行くか?と聞かれ、どこかイマイチ分からなかったけど そこに決定です。

(上の写真は沖の片ハエから大坪、大島方面。この日は大片や青島方面は無しでした)





 釣り始めてすぐ釣れたのがイスズミ。

それ以外はあまりエサ取りもおらず低調ムード。

ちょっと集中力も無くなり、タブレットでFBやらツイッターを見ていると

置き竿にしていた竿が舞い込んだ。

そんなマグレな1尾がこれ↓(^^ゞ

DSC_0065.jpg

 しかし、その後も低調はかわらずエサは残る。

ちょっと雰囲気変わってきたのは10時すぎ。

メンドリ、メンドリ、サンコ、メンドリと外道が釣れる。

DSC_0067.jpg

 そして快晴だった空が雲に覆われると雰囲気が一変。

DSC_0069.jpg

 上は三石方面。下は立島方面の写真。

DSC_0070.jpg


 空が雲に覆われると見えていた海中が見えなくなり、ウキに変化が出るようになってきた。

ただし寒グレらしくアタリが渋め。かなり待って送ってから聞いてコツン。

パターンをつかんでから、連チャンでごっつあんです。

DSC_0071.jpg

 しかし、昼過ぎには快晴に…。

ウソのように連チャンモード終了です。

エサも取られず、もう終わりかな?と思ったら、たま~に1尾… 2尾… と追加でき、

最後はヘダイも釣れました。

DSC_0075.jpg

 サイズは30~35,6までと も一つですが、久々の大漁。

DSC_0078.jpg

 グレの塩焼き、ヘダイの刺身、イラ、メンドリの煮付けを皆で食べましたが、

ヘダイ刺身がモチモチして甘みがあり非常に美味でした(^^ゞ

後輩達も一人を除いてグレを複数枚釣りました。

釣れなかった一人は、サンコ10枚越えだったそうで、ある意味満足???



おわり

枯木灘方面 コメント: 0 トラックバック: 0

2013/03/11 口和深 大島~平床

2013-03-11 20:36

2013/03/11 口和深 大島~平床


 前回の見老津で腹ボテの一枚を釣り、自分的に「これでラストOK…」と思ってたら、

一つ年下の後輩H君からのお誘い。

 ここで行ってしまったら、最後ボウズでシーズン終わる確率大なので渋っていると、

とある会社の行事が11日と決まり、どうせサボるなら釣りに行こうと釣行決定。


 場所であるが、前回見老津が上り潮で釣れてないと情報で、

口和深かすさみ、伊古木が良さそうな気配。

どこか沖磯に乗れたら、ボウズも免れるだろうと言うことで、

迷ったが直感で口和深に決定。


 朝、山西さん前、車5~6台、谷口さん前1台、下谷さん前2~3台を確認。

下谷さんは中三&平床まわりなので、どちらか行けるかなと下谷さん選択。


 港では谷口さん6人、下谷さんも私たち2人を含め6人。

他の4人のうちの一人に「どこ行きますの?」と探りを入れると、

「ワシら4人で中三行くけいな~」と言うお答え。

ホースヘッドも4人で固めた。


 私らは後ろで船頭さんに平床に行きたいんですけどと相談。

少し波があるの満潮なので、弁当船で替わると言うことに決定。


 とりあえず8時すぎまでは大島へ。

IMAG0161.jpg


IMAG0169.jpg
24、5~27、8のコッパやチョウチョなど、活性高かったです。


IMAG0162.jpg
 大島も粘れば釣れそうな雰囲気ですが、心は沖磯^^。

10数年磯釣りしていますが、南紀屈指の名礁 沖三・中三・平床には乗ったことがありません。

憧れの3つのうちの一つに乗れると言うだけでラッキーです。

IMAG0173.jpg
ジャンケンに勝って沖向きに立つH君。



IMAG0174.jpg



IMAG0175.jpg
沖三



IMAG0176.jpg
中三



IMAG0177.jpg

IMAG0179.jpg

IMAG0178.jpg

IMAG0181.jpg

30~35のも一つ小さめなサイズを7枚キープしました。

H君は8枚キープ。途中入れ食いもあり、リリースしてます。



IMAG0185.jpg
ヒロメ。別名ヒトハメ。人をはめてしまう(やみつきにする)ほど美味しいと言う意味らしい。

オークワや田辺の産直館にありますので、お土産にどうぞ。

沸騰したお湯に入れるとすぐ綺麗な緑になりますので、

色が変わったらすぐにザルに上げて適当な大きさに切り、

ポン酢で食べるとシャキシャキ美味しいです。



終わり


枯木灘方面 コメント: 0 トラックバック: 0

2013/02/22 見老津 牛の首

2013-02-22 19:08

2013/02/22 見老津 牛の首

 2/18月曜日が休みだったので、そろそろラストのつもりでグレ釣りの計画をしていましたが、

5mの波予報。泣く泣く中止し、天気予報を見ていると4日後の金曜が天気良さそう。

何とか会社を休み、釣行の段取りをしていると、かつさんも19番さんと行くかも?とのこと。

相性の良い かつさんに乗っかることにしました(^^ゞ



 前日は みかんさん宅に寄り、依頼していたDVDをいただく。

更にお土産と、巨大ベビースターも。感謝!感謝!m(_ _)m

IMAG0126.jpg



 早朝、渡船屋さんに行くと乗船名簿によく知る名前を発見。

串本に行こうかと迷っていたと言う 鶴さんとG会長であった。

IMAG0112.jpg
こちらは かつさん



IMAG0110.jpg
心筋梗塞になり、ひと月入院したという鶴さん



IMAG0111.jpg
アオリの用意もしていたG会長。



IMAG0113.jpg

 釣果の方は、まるまるしたメタボグレ一枚のみ。

最初は尾長狙いに徹していましたが、途中で心折れて大曲向きの裏場に転身。

シモリ上で一枚だけ食ってくれました。




IMAG0116.jpg

 一人外向き先端、北西風に立ち向かい頑張っていた かつまるさん。

ボウズのお客さんの多い中、7枚の釣果は立派です。

やっぱ、グレ釣り師は風から逃げたらあきません(^^;

 それを見たG氏も先端に移動し1枚。

釣行後、江住の外堤防でもグレ一枚釣ってました。




IMAG0130.jpg
帰りは毎度のJA紀南 紀菜柑へ。

田辺バイパス横にあります。


IMAG0131.jpg


IMAG0128.jpg
デコポンが美味しいシーズンです。


IMAG0129.jpg
野菜安いです。


おわり。

枯木灘方面 コメント: 0 トラックバック: 0

2013/01/28 口和深 横島~フナコシ

2013-01-28 21:32

2013/01/28 口和深 横島~フナコシ

 寒波襲来。近畿北部はもちろん、中部や南部の平地でも雪予報。

しかも平日とあって、どこも釣り客は少ないだろうと予想。

前日、どこへ行こうか迷いまくる。。。

風を考えると樫野が良いが、遠いのがネック。

爆釣してる伊古木のセシマや、すさみのエビも乗れそうだが、

もしかして多かったら…、風も吹きそうだし…と思うと。。。

悩んだあげく、こんな時こそ、日頃混んでて行けない 口和深を選択。

谷口さんと下谷さん。どちらも同じくらい利用しているけど、今回は下谷さんで。



 下谷さん15人くらい、谷口さん3人くらいで6時20分すぎ出船。

大島、沖三は風&波でアウト。皆、地方寄りに。

船首にいる人から降りていき、私ら親子は横島へ。

IMAG0061.jpg

IMAG0065.jpg

 足場の悪く、また満潮時は狭く釣り辛かったが、

釣り始めてすぐに35くらいの中型グレ。

IMAG0062.jpg

 子供がライントラブルで、無駄な時間をとられてる隙に、2尾目、3尾目と爆釣モード。

IMAG0064.jpg

 子供もようやく1尾目をゲット。二尾目でかそうなのをバラしたあとから下降線。

餌が残るようになり、タカノハ釣った後は終了モード。

IMAG0069.jpg

 昼過ぎの見回り船でフナコシに磯替わりしたが、そちらも生体反応ゼロ?。

結局、ガシラを追加したのみで、最後までグレの追加はなしでした。

IMAG0073.jpg

 脂ののりはまだまだですが、ボチボチ丸みを帯びてきました。

白子&卵も小さいのが入ってました。


さて、次は遠征です。

枯木灘方面 コメント: 0

2013/01/04 見老津フタマタ

2013-01-04 20:22

2013/01/04 見老津フタマタ

 新年あけまして おめでとうございます。

本年も どうぞよろしくお願いします。

 初釣りはやっぱり通い慣れた見老津?と、行ってきましたが・・・。

やっぱり人の多い日は釣るのたいへんです。

IMAG0013.jpg

 渡船はどこも満員です。

林渡船さんはこの日、エビス~東磯まわりです。

大嫌いな大曲やシオフキの可能性はまずない・・・と思ってました。

まずハッカイに1番船のあと、皆を積みエビス、チョボと着けて、シオフキへ。

そこで名前を呼ばれ前方へ移動。

シオフキと大曲の間にあるフタマタでした(ToT)

IMAG0016.jpg

IMAG0021.jpg

IMAG0014.jpg

 と言うことで、あまり書くことがありません。

3人で、ガシラ4、磯ベラ2、タカノハ、右巻き、フグなど。

今日はこの辺にしといたろっ!・・・で、泣きながら帰りました。

終わり。

枯木灘方面 コメント: 3 トラックバック: 0

< 前のページ ホーム 次のページ >

プロフィール

潮

Author:潮
ミクシーやツイッターなど最近のハンドルネームは潮です。
古くから知ってる人には、ちゃさんと呼ばれています。

 磯釣り大好きで、冬はグレ、夏は夜釣りで大物フエ・コロ・タマ等を狙ってます。子供とたま~にエギングもやりますが、釣果は・・・。
 あと、競馬(POG)とタイガース大好き。ヒマなときや通勤時は読書(ミステリー小説等)が大好きです。
プロフィール

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。