ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

★2001/11/23 中泊

2001-11-23 13:18


 ついに待ちに待った四国遠征がやってきました。11月22日、アッと言う間に仕事を片付け定時で会社を後にします。

19時頃帰宅。続いて某社寮住まいの べーやんが私の家に到着。晩飯を食べ、Guttsさん宅に車を飛ばします。

20時30分頃、Guttsさんの車に乗り換え、鶴見区に住むTEAM MAIDOのQさん宅、箕面のアラシさん宅へ。



 結局、最後のアラシさん宅を出たのが22時頃、中国自動車道池田ICから四国を目指します。

途中、山陽道から明石海峡大橋を通り鳴門で高速を降ります。ここまでで池田から140km、料金は7550円。

次の高速までの8.5kmは一般道で、途中のコンビニで休憩し、また徳島ICから徳島道に。



 徳島道~高知道(少しだけ)から松山道に入り終点は大洲IC。徳島から約225km 5100円。

大洲ICを降りるとすぐに大洲道路(無料)。

大洲道路の終点で最初の目的地、エサ屋「釣人館ますだ」さんに到着したのが朝3時少し前だったかな?。



 釣人館ますだで対応してくれたのが takayoshiさんで、行先の中泊についていろいろ親切に教えていただきました。

エサは6キロ2000円(四国は正方形の6キロが売っているのだ!。3キロももちろんあるけど。)。

釣太郎の998円ボイルとほぼ同品質の小粒で綺麗なボイルでした。



 その後、国道56号を南下し宇和島を抜け西海へ。地図なんか誰も用意してないと言うええかげんなドライブでしたが、

朝5時少し前、無事に中泊に到着。到着してみると大きな駐車場があると聞いていたのですが、なんと満車状態!。

どっこも空いてない!!!、ヤバイ!って感じだったのですが、なんとか駐車スペースを確保。



 しかし、その後満車にもかかわらず、後から後から車が入っては出ていき、最終的にかなり山の上の方まで路上駐車で

あふれていました。しかしスゴイ車の数、南紀屈指の混雑地区である口和深の10倍は超えている!?。

こんなんで、乗れる磯があるのだろうか!? と、不安のまま仮眠も出来ずに釣りの用意をする。



 6時頃うっすら明るくなり始め、各渡船の前は人で溢れます。渡船屋一軒につき2隻渡船がある(ないところもある)ようで、

一つはノコギリ等の沖磯、もう一つは大三角等の近場を目指します。

最初にどちらにしよう?と迷ったのですが、利用した「えひめ渡船」さんでは沖磯行きが人気のようだったので、

Qさんと相談の結果、近場行きの船に乗り込みました。



 ますだのtakayoshiさんの情報では、沖磯ならノコ・沖のコケ、近場なら大三角に尾長が・・・と言う話しだったので、

大三角に上がれればいいな、などと甘い考えを持ってましたが、上がった磯は「白浜一番」という磯でした。

あとから聞いた話しでは、なかなか良い磯!?と言う話し(船頭談)でしたが、ホントかどうかは分かりません(^^;

ちなみに、5人でアミダクジをして4・5番目のアラシさんとべーやんはカブトのオカと言う磯に上がりました。



 磯に上がってアミダクジ1番のGuttsさんが中央に、2番のQさんが左に、私が残った左側に釣り座を構え釣り開始です。

私にイキなりハゲが釣れます。ハゲはキモが絶品なのでもちろんキープ。続いてGuttsさんにも良型のハゲが。

nakadomari1.jpg

Qさん(左)とGuttsさん(右)



 しばらくするとGuttsさんの竿が大きく曲がります。タモ入れをしようと思ったら、私の方にもガツーンとアタリが来ました。

な、、、なんやこりゃ!?

かなりの重量感があり、右へ左へ走り倒します。前情報で入手していたサバ?、それともヒラスズキ?

ダブルヒットしたGuttsさんと右へ左へ走り回り、やっと釣り上げたのは45cmほどの丸まるとしたサバでした。



saba45.jpg

このサバはめちゃくちゃ脂がのっておいしかったです。



 前情報ではサバが爆釣していたので、サバのアタリが続くのか!って思ったら、そうはうまくいきません。

しばらくしてGuttsさんがサバ一尾を追加しましたが、サバどころかなーんもあたらない状況に陥りました。

この状況は、悲惨なことに最後まで続き、結局この日はボウズになってしまいました。



 カブトのオカに上がったアラシさん・べーやんコンビの方は、比較的好調?だったようで、

48cmのイガミやアイゴ、30cm前後のグレ、バラシたそうですが大型尾長の回遊もあったそうです。

nakadomari2.jpg

saba3biki.jpg



 中泊から御五神に向かう車の中で、次の日利用する清家渡船さんに予約の確認を入れ、

ついでに今日の釣果はどうでしたか?って聞くと、正直な船頭さんで、

今日は水温が下がってエサ盗りもおらんかった・・・って教えてくれました・・・。

リベンジに燃える5人のテンションは一気に下がってしまったのは言うまでもありません。



 宿泊は清家渡船近所の西遊魚センター。

6500円という料金の安さですが、料理もおいしいですし、朝も5時からご飯の用意をしてくれます。

遊魚センターと言うだけあって目の前は海。船のレンタルや釣り堀があります。

生きアジが16尾1000円で売っているので、目の前の桟橋からアオリタイムです。

アオリ30連続バラシ記録中ですが、この日はヤエンをあきらめリュック針仕掛けで挑みました。

小型ですが見事アオリをゲットし、夜8時には熟睡しました。

スポンサーサイト

四国 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント:を書く









管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

潮

Author:潮
ミクシーやツイッターなど最近のハンドルネームは潮です。
古くから知ってる人には、ちゃさんと呼ばれています。

 磯釣り大好きで、冬はグレ、夏は夜釣りで大物フエ・コロ・タマ等を狙ってます。子供とたま~にエギングもやりますが、釣果は・・・。
 あと、競馬(POG)とタイガース大好き。ヒマなときや通勤時は読書(ミステリー小説等)が大好きです。
プロフィール

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。