ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

★2001/2/2 口和深 重箱 

2001-02-02 16:44

 前週、ガッツ氏、ガッツ氏の友人M氏の初釣りに江須崎へ釣行したが、生憎の悪天候のため、

枯木灘一帯は全船休業状態。ガッツ氏・M氏の初釣りは仕切直しとなった。

このメンバー+私の会社の先輩「tutti-」氏を加え、4人での釣行である。

 そして2月2日も、また強風である。何とか渡船はギリギリ大丈夫のようであったのが救いである。

どこへ行くかが最大の問題だった。釣況は枯木灘は下り坂、串本方面は順調というところ。



 ガッツ氏は悪天候と言うこともあり、串本方面を推していた。私も特に希望は無かったが、

近い方が良いなあなどと考えていた。いつもMさんの希望を聞いていないので、今回はMさんに

決めていただこうと言うことで、口和深に決定。



 金曜で悪天候ということもあり、釣り人は少なかった。10人強の釣り人を乗せ、谷口渡船は出発。

波がきつく、船は木の葉のように揺れる。渡船では酔わない私だったが、久々に酔いそうだった。

立島で船の後ろから前へ出ると、他の3人は降りたようである。空いているので一人ずつ磯に乗ろう

と私が言っていたので、みんな先に降りたようだ。



 私は久々に一人で釣ろうと気合いが入るが、重箱で2人おろした後、船頭がここで降りろと言う。

良いポイントは先の二人に押さえられたが、水道で釣れるということで、そちらで竿を出すことにした。

釣り始めた頃は風もさほど無かったのだが、すぐに正面から強風が吹くようになり、

大片との水道ではとても釣りにならなくなる。仕方なく、船着き側に移動した。



 海の状況は完璧な澄み潮で、魚の活性が低く、差し餌も着いたままの状況が続く。

風は突風が吹くようになり、何度も海へ落ちろと言わんばかりに、背中を風に押される。

そんな中、小用をたしていると、なんと私のロッドケースが流れているではないか!

中には予備の2号竿、リール、スプール、そして大事なデジカメが入っている。



 ちょうど前方では下谷渡船が漁をしている。お~い!と全身を使って船にアピールすると、

気が付いてくれたようで、こちらに船を向けてくれる。無事浮いていたロッドケースを回収していただき、丁寧にお礼した。

その後、あわてて中身を確認すると、ショック緩和のためタオルを巻いていたデジカメは、

海水のため、瀕死の状態である。(その後、ご臨終となりました(*_*)



 気を取り直して釣りであるが、約20m先の黒いシモリを狙って、スルスル仕掛け。

2度ほど、かなりの大物を掛けるものの2度ともバラシ・・・。



 結局、ボウズ&デジカメショックのまま、納竿となった。
スポンサーサイト

枯木灘方面 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント:を書く









管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

潮

Author:潮
ミクシーやツイッターなど最近のハンドルネームは潮です。
古くから知ってる人には、ちゃさんと呼ばれています。

 磯釣り大好きで、冬はグレ、夏は夜釣りで大物フエ・コロ・タマ等を狙ってます。子供とたま~にエギングもやりますが、釣果は・・・。
 あと、競馬(POG)とタイガース大好き。ヒマなときや通勤時は読書(ミステリー小説等)が大好きです。
プロフィール

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。