ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2000男女群島遠征記(2日目昼釣り編)

2000-12-30 17:19




 明るくなると同時に潮はゴーゴーと流れる。

私たちの乗る小さな磯の周りでは渦を作りながら潮が流れていく。

ようやく釣れ始めるがイスズミのオンパレードである。

イスズミが多いという情報は聞いていたが・・・。


honryu.jpg


目の前で渦を巻いていた急流



 タイムリミットの3時間を超えても船は来ない。

この時点でかなり疲れていた私は、仕掛けを替える気力もなく10号ハリス・マダイハリ11号のまま釣り続けた。

この仕掛けでは、イスズミは見向きもしないようで、ガッツさんが快調にイスズミを釣り上げる中、

30チョイの口太を2枚ゲット(^^;。ナンデヤネン!?



 予定を大幅にすぎ、潮が満ちて怖くなってきた午前9時頃にやっと瀬替わり。

今度はどこに連れて行かれるのか?不安である。

出来ればゆったりと横になれるところが良いのに・・・。そして連れて行かれたのがちょっと低めの細長い島。

すぐ前に大きな島があり、そこの水道で釣れとのこと。何となく夜釣りでは良さそうなポイントに見える。



 しかし近くの釣り人が何やらバラモン号と話しをして、こっちの方を見ている。

先約か何かよく分からないが、やっぱり場所を変えてくれというので、再び船に乗る。

荷物の量も多く、もう体力の限界なのでこの移動はつらい。



 そして連れて行かれたのが、また湾の中。二人が瀬替わりのため船に乗って来た。

まさかここじゃないだろうと思っていたら、入れ替わりにそこへ上がれと言う。

その瀬替わりの二人は釣れたの?って聞きたい気持ちであった。



 とりあえず休憩。ビールで乾杯し、カップヌードルを食べる。

午前10時過ぎに平らなところを見つけて睡眠。前々日からろくに睡眠をとっておらず、死んだように寝る。

実際、まだ釣っていたガッツさんが、釣れましたよと私を起こしてくれたそうであるが、ピクリともしなかったとか。



 しかし寝ていると雨がパラリパラリ。幸いその程度で大したことはなかったが。

2時前に目覚めガッツさんを見るとグレを数枚上げたそうである。

入れ替わりにガッツさんが眠り、私が釣り始める。

餌取りが多くサンノジやチョウチョウでさえもサイズはでかいが、グレは紀伊半島サイズ。



 でも油断していると思わぬ大物が来るのが男女群島らしい。

この昼釣りの時でも、先手を取られたがため、一気に根に潜られバラした。

ガッツさんが起き出す午後4時までにグレを1枚と大型サンノジ数枚、サンバソウなどを釣り上げた。



 その後43~4cmのグレを釣り上げ、これからや!と気合いを入れた頃に船が来た。

初めてのお弁当配給である。でも何やら様子が変?

話を聞くと、海が荒れてくるため午後10時撤収とのこと。

え~っ!!!



guredanjo.jpg

40以上のグレは細長く脂のノリは悪かった
スポンサーサイト

男女群島 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント:を書く









管理者にだけ公開させる

ホーム

プロフィール

潮

Author:潮
ミクシーやツイッターなど最近のハンドルネームは潮です。
古くから知ってる人には、ちゃさんと呼ばれています。

 磯釣り大好きで、冬はグレ、夏は夜釣りで大物フエ・コロ・タマ等を狙ってます。子供とたま~にエギングもやりますが、釣果は・・・。
 あと、競馬(POG)とタイガース大好き。ヒマなときや通勤時は読書(ミステリー小説等)が大好きです。
プロフィール

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。