ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2012/01/29~30 四国 由良 その2

2012-01-30 22:18


 初日、港へ帰って来たのが14時30分頃。この日も中田渡船さんの無料仮眠所泊です。

仮眠所は風呂もあるという大サービスなのですが、夕飯の都合もあるので、

津島町にある やすらぎの里の温泉に行きます。

温泉の後、中華料理ハッカイに行きましたが、甘かったり、味がなかったりでイマイチ・・・。


PAP_0033.jpg
佐々木渡船さんのもう少し奥にある中田渡船さん。



 と言うワケで2日目。この日は6時20分出船です。

出船前に船頭さんから「今日は分かれて乗るか?」と聞かれます。

沖釣希望出せば行けたかも?ですが、お土産も確保できたので分散することに。


 天気予報では初日並みか?と言う予報でしたが、出船すると風がキツく白波が見えます。

沖釣は魚影は抜群に濃く、爆釣の可能性に最も近い磯ですが、北向きに釣るのは苦労しそうな天気。

分かれて乗る(地磯方面)で正解だったかも?。


 船はこの日も競合せず、沖釣3,4番を目指します。

沖釣に近づくとやはり強風。4人を降ろして船は雨崎方面に。

 この日も皆でジャンケンをし、降りる順番を決めていました。

私はドンベで商店さんと最後に磯におりました。後で磯の名前を確認すると、雨崎5番でした。

PAP_0026_20120131233304.jpg
早々とグレ2枚を釣り上げる商店氏。

PAP_0024_20120131233305.jpg
私の釣り座は雨崎4番と5番の間にある低場。

21312886_1510365171_158large.jpg
商店さんが2枚釣った後、5番の先端に入れてもらうがサンコのみ。

 この日はけっこうな強風が吹き、先端はその影響をまともに受ける。

粘れば釣れたかも?ですが、月曜日ですいているので、他の磯も味わいたいと

10時の弁当船で磯替わり。

PAP_0021.jpg
船の右が雨崎5番。磯替わり先は磯名不明。


PAP_0017_20120201000557.jpg
 磯を替わってすぐは左から右への強風。写真の海面に風が見えます。

この後、すぐに風向きが変わり、なぜか正面から・・・。

 天気は晴れたり曇ったり、雨が降ったり、ヒョウが降ったりと目まぐるしく変化。

最終的に5Bウキに安定性重視の鉛配置で磯際狙い。

沖のグレとは大違いで、ウキに変化があり、そこで聞きに行くとエサを離す。

なので、ウキを引っ張られた後、更に送り込むと◎でした。

これが功を奏し、なんとか2枚確保。
506274002.jpg

506319536.jpg
この間の御五神グレ同様、白子は1月末なのに小さめです。
少し遅れているのかも?

PAP_0011_20120201002435.jpg
商店氏はカワハギも数枚キープ。コレが一番美味しいです。

PAP_0003.jpg
この日も皆さんボウズ無しです。

詳細は、かつまるさんのブログでどうぞ

沖釣に渡った他のお客さんは苦戦した模様。

コデバエに一人で降りた人が、30枚くらい釣ったとか。

と言うことで、皆さんお疲れさまでした。またよろしく~。
スポンサーサイト

四国 コメント: 2 トラックバック: 0

2012/01/29~30 四国 由良 その1

2012-01-30 13:37

 みっかんさんと愉快な仲間達?で始まった、毎年恒例の四国遠征に行ってきました。

しかし今回は、中心人物である みっかんさんが、足の不調のため欠席。

手術の予定もあるとのこと。

今回のメンバー一同、
来シーズン元気な姿での復帰を祈っておりますm(_ _)m





 今回の釣行ですが、週半ばでの極悪予報にびびり、行き先は由良に決定。

しかし、木~金~土曜と時間が経つにつれ極悪予報はズレ込み、釣行日の29日(日)は絶好の釣り日和に。

日振島や御五神、中泊や武者の沖磯も絶好調の中、

2日間とも ビビって由良に決定したのは早まったか・・・と言う考えが頭をよぎります。



 出発は28日土曜日、夜勤明けの体にムチ打ち、ヒゲ氏宅~アラシ氏宅を経由し、お昼頃大阪発。

今回もちょっと遠回りだけど料金の安い 瀬戸大橋ルートです。

このルートを通れば美味しい寄り道が待っています。

通り道である坂出ICや善通寺IC近辺に、たくさんある讃岐うどんです。



有名讃岐うどん店は、土日休みやお昼頃までの営業が多く、

この日に立ち寄った15時前では、営業してるお店は限られます。

食べログで「香川 うどん」で検索すると、12位にランクされたお店でやっと営業中を発見。


PAP_0054.jpg


PAP_0053.jpg


504868103.jpg
ぶっかけ2玉&ちくわ天で440円でした。


 うどん屋を早々に後にし、再び高速へ。

寒波の中、雪を警戒しての昼間移動でしたが、何事もなく夕方には津島町へ。

やすらぎの里で安らいでいた、19番氏、商店氏、かつまる氏と合流。
 
寿提夢で夕飯し、中田渡船に到着したのは20時にもなっていなかったか。


 中田渡船さんは無料仮眠所専用の家を一軒持っており、何時からでも利用可。

部屋の予約も可能で、2日釣り、3日釣りの強い味方です。

四国には民宿代わりにできる渡船屋さんが他にもあるのですが、この話しはまた別の機会に。



 朝になり船着き場に行くと、船頭さんが3番4番キャンセル出たからとか何とか・・・。

どうやら由良ではNo1のA級磯、沖釣に乗れるかも?とのこと。

但し、他の渡船屋さんも沖釣なら、ジャンケン勝負になるので確実ではないが、

朝からテンションが高まった。


PAP_0052.jpg
6時40分出船。写真はお隣の佐々木渡船。

turiba11.gif
一番南にあるのが沖釣。

 約10年前、四国西南部屈指の名礁で、一緒に行った人全員が尾長だ口太だと竿を曲げる中、

一人だけボウズを食らったほろ苦い思い出があるのですが、その時以来の沖釣です。

いつかはリベンジを…と思っていましたが、ようやくその思いが叶いました。




PAP_0049.jpg
潮は北西方向にある由良岬方面に飛ぶように流れている。

PAP_0050.jpg
写真は東向き。潮は右から左。


 心配された他の渡船屋さんと競合は無く、沖釣3,4番確定。


11時くらいまでは引き潮。北西方向の由良岬方面に川のような本流がカッ飛んでいる。

前日6人での順番決めジャンケンで私より勝ち組の商店氏、19番氏が4番(沖釣東側先端部)に。

ヒゲ氏が3番(中央部東)の南向き、アラシ氏が北向きに。

5番目だった私、ビリのかつまる氏はともに沖釣3番中央部北向きで竿出し。


PAP_0045.jpg
 撒き餌を打ち始め、しばらくすると沸きグレと言うか浮きグレと言うかが、わんさか出てきた。

私の釣り場は当て潮で手前に流れた後、右先端に向かって流れるので、

右隣で先端足もと付近を狙っているアラシさんの邪魔になる。



PAP_0043.jpg
遠投しても北西風が邪魔をして、なかなか沸きグレには届かない。

たまたま無風の時に届いても、差し餌は完全無視である。

後から聞いた話しでは、数日前は中央部でも大爆釣だったらしいので、

この沸きグレが食欲の良い時に当たると、まだまだ凄い釣果になりそうである。


 沸きグレは相手にしてくれないが、本流のみ話しは別である。

東先端部から流れに乗せた時のみ、流れの中にいる食欲のあるグレが釣れてくる。

そこでウキを2連にして右斜め前方に超遠投。

強引に流れに乗せる作戦で、ようやく1枚目が釣れる。
PAP_0048.jpg

しかし、この作戦で釣れたのは、この1枚のみ。

遠投して本流に乗せても、道糸の抵抗などで流れから外れてしまい、釣果は伸ばせない。

本流狙ったり沸きグレ狙ったりしたが相手にされず、2連ウキのまま先端に割り込ましてもらう。

先端から流れの中心にウキを入れると、綺麗に流れの中央を漂っていく。

すると、5~60mくらい流れたところでウキが海中に見えなくなり、道糸バチバチバチ。


PAP_0042.jpg

 この後、全員で先端を周り、全員ボウズなしに。


 11時すぎからは引き潮で、潮の向きが逆になる。

PAP_0038.jpg

先端以外の人は、北風が強まったこともあり、全員が南向きに釣る。

10年前は南向きならどこでも釣れていたが、今回は満ち潮時と同じく先端の人しか釣れない状況。

それも最初だけで、この後、食いは低調に。


505583728.jpg
と言うことで、初日は5枚。皆、同じような釣果でした。

四国 コメント: 2 トラックバック: 0

毎年恒例 四国遠征

2012-01-25 17:15

2004年頃から、毎年この時期に四国に行ってます。

沖の島に始まり、武者泊や中泊、由良、御五神などへ、夢の超大物&大爆釣を求め、

四国西南部の磯に通ってきました。

 今まで超大物は目撃だけですが、大爆釣は数回味わってます。

もちろん悲惨な釣果もあり、それを含めてとても楽しい年中行事なのですが、

行くとなると悩むのが天気です。

2名くらいならどうとでもなるのですが、5~6人の遠征ともなると、

みんなの予定を合わすのもたいへんです。


 穏やかな天気予報なら、行き先だけ決めて予約を入れておけば良いのですが、

今回も昨年に引き続き、天気予報は最悪。

ちなみに昨年は吹雪でした。松山道は私らが通過後、通行止め。

 今年も頭を悩ます天気予報。遠征前によく見るのは こちら

週間の予想天気図があり、だいたいの予想がつきます。

 等高線の間が狭く、縦に何本もあると強風が吹きやすいようです。

それだけでは分かりにくいので、週間の風予報もある こちらも参考に


 今年も厳しそうです。
0129.png


0130.png

四国 コメント: 0 トラックバック: 0

2012/01/13~14 御五神が入学祝い? その2

2012-01-14 16:22


 竹が島を宿泊場所に選んだのは、もう一つ理由がありました。

夕方の暇つぶしです。宿の前が港ですので、アオリイカ釣りや、グレ釣りができるのです。

以前も30までのコッパでしたが、数釣りができた思い出があります。

夜になると、大きなアジも回ってるということだったのですが、あいにくの強風で釣りは断念でした。





PAP_0018.jpg

 13時30分すぎには回収が始まります。 朝7時すぎからなので、釣り時間は短い。



PAP_0017.jpg

 回収を終え、御五神と渡船の出る津島町との中間にある 竹が島へ。



PAP_0015.jpg

 竹が島の釣り宿で。この日の(いつも?)メニューはハゲ鍋。
おつまみにハゲのフライ(ポン酢味)。


PAP_0016.jpg

 関アジの対岸のアジです。刺身激ウマでした^^


PAP_0014.jpg

 ヒオウギ貝も美味しいです!。

宿は5000円、ビールとかは300円(ロング)と安いです。

竹が島ですが、自動販売機も無い島ですので、泊まる人はご注意を。




 と言うことで、初日に宿に帰ってから強風のため釣りもできず、

早々と夕飯を平らげ眠りにつき、体調万全で迎えた2日目。


 この日は土曜日、お客さんいっぱいで狭い磯でも4人・・・とかいうことも覚悟していましたが、

竹が島の磯に数人を降ろすと、御五神組はうちの4人を含め10名程度。

泊まりで優先権か一番に名前を呼ばれる。

 「8番と8番ハナレに2人づつどうぞ」と船頭さん。

何年も御五神に来ているが、不思議と8番とかゲタとかの周辺には縁がなく、

どっちが良いか分からないけど、とりあえず先攻でメダマ氏とヒロ氏。

そして後から、私ら親子が磯上がり。

PAP_0005.jpg

 8番ハナレの南側にある8番。メダマ氏、ヒロ氏が8番に。

潮は右端の8番先端をかすめ、南から北へ豪快に流れている。

またその分岐流が、ハナレとの水道を右から左へ流れている。
 


PAP_0011.jpg

私らは8番の北側にあるハナレ。


PAP_0009.jpg

 この日は11時頃まで満ち潮、北向き(瀬戸内海方面)へ豪快に潮が流れる。

息子が西先端のポイントに入ったので、私は東側から流す。

この写真の後ろ側、8番との水道は、川のような速度で潮が流れているが、

この写真前は、左からの分岐流と右下からの分岐流が当たり、潮がたるんでいる。

2012-01-14 07.50.45

 そんなポイントで、3投目くらいにゲット。

続けて2枚ほど釣り上げると、北西を向いて釣っていた息子も、風に負け私のポイントへ移動。

40以上釣ったことがないと言ってた息子だが、この後すぐにアタリで、釣れたのはアイゴ。

しかし、好調な御五神、念願の40オーバーも含め、この後ポツポツとグレが釣れだす。

引き潮に変わった11時すぎからは絶好調。


 8番方面に流すと、毎回のようにアタリ。

一番体験させたかったのが、道糸バチバチ

スプールから糸が、パラッ・・・パラッ・・・パラッ・・・バチバチバチ~ッ!来た~!ってヤツです^^



2012-01-14 12.54.06

 11時頃、潮が変わってから連発で道糸バチバチを体験。

32~33までのグレ(5~6枚)はリリースで、私も息子も7~8枚。

今回は何故かタナは浅く、2ヒロ半まででよく釣れました。

ちなみに8番のヒロ氏もまずまずの好釣とのこと、メダマ氏は・・・。


 G氏とお京阪にもお土産。

初日はイマイチでしたが、2日目は「今日はこのくらいにしといたろ~」と帰路につきました^^;。

PAP_0000.jpg

四国 コメント: 2 トラックバック: 0

2012/01/13~14 御五神が入学祝い? その1

2012-01-13 14:05

2012/01/13~14 御五神が入学祝い?

 高3の息子が世間より一足早く某私立大学に内定し、
入学祝い?にと四国遠征を計画。
これに、一つ下の後輩メダマ氏、ここ数年磯釣りにハマってるヒロ氏が加わり、
4人での四国遠征となりました。

 場所はいろいろ迷いましたが、四国と言えば本流釣り
四国が初めてという息子とヒロ氏に、本流釣りの楽しさをと言うことで、
その本流釣りができる可能性が高い、御五神(おいつかみ)に決定。

 御五神は一つ北に位置する日振島とともに、12月頃より絶好調
数年前に定年退職した大先輩も先月中旬に、50オーバー2枚を含む爆釣
同行した先輩も40後半多数の爆釣とのこと。
ただ1月に入り、水温が低下してきたのか、釣果は下降気味とのこと

 今回は2日釣りと言うことで、竹が島に宿のある福島渡船を利用。
南紀と違い1時間くらい船に乗るかも?なので、
2日目の距離の短さは、船に弱い人には魅力的です。

 12日木曜日、会社の仕事を片付け、18時すぎに大阪発。
中国池田~山陽道~瀬戸大橋~西予宇和ルートで、
24時前には渡船屋さんの仮眠所でした。

PAP_0012.jpg

朝イチ、船が集まって抽選です。


PAP_0013.jpg

当番船の差し出す、割り箸を引きます。

出船数により磯割りが違います(一つの渡船屋で、2隻もってるところもある)。

初日は5番、2日目は7番(だったと思う)の割り箸を引く。



PAP_0027.jpg

 初日は天気予報に裏切られ強風の中の釣りとなった。

磯は本島の西に位置するイマバリ。

中央部が小高いので、南側の釣り座は風の影響が少しマシです。



map_p.gif   




PAP_0024.jpg

PAP_0026.jpg

 一人、東向きの釣り座に入ったヒロ氏。



PAP_0025.jpg

北側に見える日振島。
御五神の南は、須下・由良、中泊、武者泊、鵜来島、沖の島
大尾長は中泊以南の方が確率高いと思うけど、急流に育つ魚の味は四国一かも?。

PAP_0020.jpg

 グレは4人で8枚、ボウズなし。

2012-01-13 08.18.35

私のお気に入りリョービ竿。
超高級ガイド使用の何とかレボリューションVS?とか言う名前の竿。
このグレをブリ上げたら、2番中央からポッキン。


2012-01-13 10.39.34

50~60のヤズ(ハマチ)も3つ釣れました。
遠投、浅タナでした。


2012-01-13 11.23.43

この日の最長は50にちょっと足らずでした。





四国 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

潮

Author:潮
ミクシーやツイッターなど最近のハンドルネームは潮です。
古くから知ってる人には、ちゃさんと呼ばれています。

 磯釣り大好きで、冬はグレ、夏は夜釣りで大物フエ・コロ・タマ等を狙ってます。子供とたま~にエギングもやりますが、釣果は・・・。
 あと、競馬(POG)とタイガース大好き。ヒマなときや通勤時は読書(ミステリー小説等)が大好きです。
プロフィール

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。