ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

★2002/2/20 須江 タライでサンマ?

2002-02-20 18:27



 今回は亀位さん、浪人さん、Guttsさん、Q-toさん、鶴太郎さんとの釣行です。

GuttsさんとQさんが夜中の0時半頃迎えに来てくれて自宅を出発。

いつも通りの阪和高速に乗り、鶴太郎さんの家を目指します。

泉南ICで一旦降りて、なんか街灯もない暗くて寂しい幽霊が出そうなところ?を通って鶴さんところに到着。

そしてまた阪和高速に戻り、今度は亀ちゃんと海南ICで合流です。

鶴亀さんでなんか縁起良く感じたのは私だけ?。



 Gutts号はルーフキャリアに5人分の荷物を積み込み、快適車内で田辺の浪人さんちへと向かいます。

車内では亀位さんの男女の恐怖体験談や、グレ釣り、コロダイ釣りなどの話しを聞きながら、アッと言う間に田辺到着。

浪人さんを無事に拉致?して、最終目的地の串本須江へ。



 今回は亀ちゃんが最近利用しているという浜勝渡船さんにお世話になります。

浜勝さんは須江や串本の港ではなく、大島の漁港からの出船です。

この日は水曜日とあってか、朝5時半になっても私たちのグループ以外は誰も来ません。

結局、明るくなって船に乗り込んだのも私達6人だけでした。



 須江の磯は初めてで、磯の名前もロクに分からないのですが、

船頭さんと亀ちゃんの相談で、前日25尾も釣れたという「シンキチ」にGuttsさん、Qさん、鶴太郎さんが。 

そして「タライ」に亀ちゃん、浪人さん、私が上がりました。

磯に上がるとまずジャンケン。3時間交替で釣り座を回ります。



 まず亀ちゃんが船着きに、浪人さんが隣りに、

私は大きな磯を端まで見に行って結局真ん中のサラシ横に釣り座を構えます。

磯を見回った後用意していると、先に釣り始めた浪人さんが早速1投目か2投目で竿を曲げます。

でも残念ながらハリ外れ・・・。

えっ、そんな!、いきなり!、って焦って準備して私も釣り始めます。



 サラシがちょっとキツイかなと思って、最初はBのウキで釣り始めます。

しかしアッと言う間に沖へ流され仕掛けが磯際でうまく馴染みません。

オモリも軽めなので少し追加して、沖に向かう流れに乗らないポイントを探して仕掛けを馴染ますと、

こ気味良い引きで大型カワハギゲットです。


 少し離れた亀ちゃんは、既にグレ・イサキ・サンマなどをゲットしています。

話しを聞けば、1ヒロや2ヒロの浅棚で食ってるようです。

この時期は深いタナだろう・・・などと、先入観のあった私にはマネできなかった芸当でした。・・・ハンセイ



 
rouninsan2.jpg

真ん中のポイントで竿を振る浪人さん  

rouninsan1.jpg

コッパグレでシャレの一枚・・・でもこの後に!!!



 その後、私はカワハギを追加するもののグレは釣れません。

今日はダメかなぁ?と思っていると、真ん中のポイントに移動した浪人さんが、大きそうなやつとやり取りしています。

上がってきたのは40オーバーの腹ボテグレです。タモ入れも決まって満面の笑みです。

ボウズダービーの×3っつが大きなプレッシャーになって私を襲います。



 これはホンマにヤバイなあ・・・と思っていると、00スルスルにしていたウキがゆっくりシモっていきます。

あんまり大きくないのでブリ上げようか迷いましたが、上げてみるとグレなので丁寧にタモ入れ。

32cmほどのグレをゲットでとりあえずひと安心。。。


kametyan1.jpg

仕掛けを替える亀ちゃんと船着きのポイント



 亀ちゃんはさすがにグレやイサキを追加していきます。替える仕掛けがすべて的中しています。

私が仕掛け交換しても、不正解だったり、なかなか答えが出なかったりするのとはやっぱり大違いです。

その辺が経験とウデの差だと、マザマザと教えられます。



 しばらくすると右(串本大橋)に向かって潮が速く流れるようになりました。

これでは00スルスルでは沈まないのでBのガン玉を打ちます。

それでも沈まないので、更にBを一つ打って強引に張りを持たせながらゆっくり沈めながら流していくとガツーン!。

でも30にはちょっと足らないグレです。



 2尾釣っておみやげもでき、2月と言うのにポカポカ陽気。亀ちゃんの釣りを見ながら磯の上で昼寝です。

しばらく気持ちの良い睡眠を取っていると寒さに目が覚めました。起きてみると強風です。

結局、風の中竿を振りましたが最後までグレは釣れずに納竿となりました。



kametyangure.jpg

kametyansonota.jpg
 

亀ちゃんの釣果(左端は浪人さんの41cmかな?)。外道もたくさん釣ってはります。


suetyouka.jpg

私の釣果(カワハギのキモは最高でした!)
スポンサーサイト

串本方面 コメント: 0 トラックバック: 0

★2002/2/9 周参見ハナレ~エビ島

2002-02-09 18:13


 この日は待ちに待った寒グレOLM(オフラインミーティング)です。

私も風邪気味ながら、アラシさん・めばちゃんと見老津の林渡船さんに向かいました。

しかし南紀方面は強い風が吹いているようで、船が出るかどうか賭けでした。

朝になりみんな港に集合してましたが、やっぱり風が強くとても冷え込んでいます。

Orangeさんが林さんに状況を聞いてくれますが、渡船出来るかは明るくなってからの判断となりました。



 しばらくして明るくなると、南西からのウネリが高いのがハッキリ分かる状況で、やっぱり渡船は出ないと決定。

この時間から30人弱が一斉に移動しても・・・、と言うことで、一旦解散し、おのおの風裏の釣り場を目指しました。

アラシ号の私達3人は最後に港を出て、ブリマの波止を目指しましたが、途中の雨鳥島で渡船を発見。

もしや!?と、周参見に電話すると、船は出ているというので、山西さんに車を向けました。



 周参見の港に車を停め、急いで用意をして船に乗り込みます。強風のため釣り場は限られると船頭さん。

エビ島に乗ってる人がすでに磯替わりしてくれと泣きが入っているそうです。

私達は近大施設の沖にある、ハナレと言う大きな磯に上がりました。

船頭さんの指示で、船着きからえっちらほっちら歩いて沖側の水道へ向かいます。

一番左にめばちゃん、真ん中にアラシさん、そして私が右側に釣り座を構えます。



 釣り始めてしばらくすると、気持ちよくウキを消し込むアタリが出ますが、25cmほどの磯ベラです。

またすぐに竿が曲がりますが、手のひら級のコッパでした。

一番左のめばちゃんはエサも取られないということなので、こっちの方がマシですよーとお誘いすると、すぐに場所移動。

そして竿を出してすぐに竿が曲がりますが、残念ながらタカノハダイ。



 アラシさんもエサさえ取られないというので、一番沖向きの高場に替わります。

そしてアラシさんもすぐに大当たり!?、、、でも上がってきたのは45cmくらいのタカノハダイ・・・。

ハナレは後ろからの風が時折強いものの、適度なサラシがあり、海も濁りが入って良い感じです。

もうそろそろ釣れても良いな?と言う感じになってきた時、船頭さんが見回りに来てくれました。



 どないや~というので大きく×を作ると、今日はどこも渋いでー!、

釣れるとこ行かな釣れへんぞー!、磯替わりするかー!と、マイクで聞いてくれます。

どこか良いところ空いてるのかな?、と船着きに聞きに行くと、エビ島に行くか?とのこと。

一級磯のエビ島!!!、ラッキーと荷物をまとめます。3人で船に乗り込みエビ島に向かいます。


ebisima.jpg

エビ島



 しかし沖に出てみるともの凄い風です。荷物は吹き飛ばされるので船に置いておけと言うことなので、

ウキケースからウキを一掴みポケットに入れて磯に上がります。

すでに7~8人先客がいますが、低場の中央部が空いているので3人ともそこへ入りました。

北西風に背を向け口和深向きに竿を出しましたが、道糸が大きくなびき仕掛けが沈みません。

また隣のカゴ釣り師の邪魔になるので、私はあきらめて正面から風を受ける港向きに竿を出します。

どうやらエビ島は空いているのは確かですが、釣りにならないポイントだけ空いてたようです。。。



 アラシさんも私と同じ向きに場所を替え、めばちゃんは船着きから左側高場に入れてもらったようです。

しばらく逆風に立ち向かいながら頑張りますが、強風のためアタリが分かりません。

ハゲやフグ系のエサ取りがいるのは確かなようです。

仕掛けも軽すぎては話しにならないので、ポケットの重いウキを探すと2Bしかありません。

ウキケースには重い5Bや1号があったのに。。。


mebatyan.jpg

がんばる めばちゃん



 とりあえず2Bにかえてオモリを重い目に打ち釣り再開ですが、状況は変わりません。

グレらしきアタリは無く、まわりも誰も釣れていません。

めばちゃんの場所にもう一人入れるようなので、立ってるだけでもしんどいポイントから場所代わりします。

しかし、そのポイントも背中にすこし高い岩があるのでかなり楽ですが、

強風が右から左から吹き寄せて、2Bじゃ話しになりません。

それではと、ウキを沈めて流すもダメダメダメ。。。


ebisimanoarasisan.jpg

お疲れ アラシさん



 右隣りの人の仕掛けを見るとかなり大きなウキがついています。

右隣りは最後の方に良型のイサキと30チョイのグレを釣り上げてました。

後から入った私達3人は、結局エビ島では何も釣れずに納竿。最後は万策尽きてあきらめました。

枯木灘方面 コメント: 0 トラックバック: 0

★2002/2/3 袋 モブシ

2002-02-03 17:59



 さてさて1/19、1/24、1/30と連続でグレ釣りに行ってます。

ホントならそろそろお休みなんですが、今回は仕方なくグレ釣りです???。

嫁さんの友達が四国から双子の赤ちゃんを連れてやってくるので、宿泊用の余分な布団が足りず、

家にいると邪魔なのでグレ釣りに行け!と言う指令が出ました。。。



 しか~し!、天気は最悪、低気圧が紀伊半島に接近し雨が降って荒れそうな予報です。

ただ予報は北東風。こんな日は波の予報が3mでもベタ凪の時があります。

低気圧の通過でウネリが出たら一発アウトですが、僅かな希望を胸に渡船屋さんに電話を掛けます。



 周参見・口和深と数件の渡船屋さんに電話を入れますが、すべてアウト!。

そこで波に強い江須崎に電話してみたらタブンOKとのことです。

念のため、以前から気になってた袋のかわばた渡船さんに電話すると、ここもOK。

しかし、ここは完全予約制。キャンセル待ちのため夜8時にもう一度電話が必要と言う状況でした。



 後輩 目玉氏が迎えに来てくれて状況を言うと、初めての袋に行ってみたいと言うことで決定です。

空いている磯はモブシと沖のヒラバという話しですが、初めての袋、どこが良いのかさっぱり分かりません。

そこでOrangeさんを経由して亀ちゃんにどっちが良いか教えてもらい、モブシ決定!。

途中、Ryutoさんからも携帯メールでモブシは湾内だけど一級磯らしいですよと教えてもらい気合いが入ります。



 12時前に袋に到着し仮眠します。この頃から雨がバリバリ降ってきます。

でも雨が降った方がグレの食いも良いだろう・・・と気楽に考えて朝になると、すっかり雨は上がり、風もありません。

用意をすませ渡船屋に入ると、おかみさん?が親切に磯のポイント図をくれました。

かわばた渡船さんは、お客さんも含めて、みんな磯が決まっているので どこかのんびりしています。


kawabatatosen.jpg

かわばた渡船さん



 明るくなって船が出ます。モブシは近くだから一番最初だろうって思い、船の前の方にいたら、どうやら最後のようです。

一番遠い一の島やその周辺にほとんどの人を降ろしていきます。そして次はモブシに行くで~と声がかかります。

船はどんどんどんどんと沖から地方に戻っていき、岸から泳いで行けそうな小さな磯に付けました。

どうやらここがモブシらしいので船を降ります。何も知らなければ、ここでグレ釣れるの?って感じの磯です。

しかし完全に明るくなってから分かったのですが、沈み根がアチコチにあって

海底の複雑な地形がグレの隠れ場所になってるようです。



 釣り始めると前々回の出雲崎のようにエサ盗りの嵐です。この日のエサ取りはフグ・キタマクラ・カワハギがメインです。

油断してるとハリが無くなったり、ハリスが傷付けられる忙しい釣りになりました。特に磯際は完璧にフグアタリで、

ほぼ100%の確率でフグを釣り上げるか、ハリかハリスの損傷があります(>_<)。



 亀ちゃんの釣行記で読んだ磯際はあきらめて、竿3本先の沈み根狙いに変更です。

撒き餌を磯際に入れてエサ盗りを引き寄せ、その隙にやや遠投してエサ盗りを交わす作戦です。

しかし私よりエサ盗りの方が2枚も3枚も上手!

ウキの着水に反応するのか、見事なほどに浅いタナではキタマクラ、

深いタナで30cmほどのフグが釣れてきます。



 ただアタリは繊細で竿先には出ず、ウキを僅かに押さえ込んだり、シモリ気味のウキを小さく引っ張ったりします。

これはまるで前回の黒島でのグレアタリと一緒やなーなどと思いながら頑張ってフグ釣りです。

しかもタダの練習ではありません!。ヘタするとハリが無くなる罰ゲーム付きのグレ釣り練習です。

朝11時頃まで仮想グレ練習していたのですが、たまーにエサが残ったり、小さく囓られたりする状況になりました。



 これはフグやハゲではない!、と気合いが入り、どんな些細なアタリも見逃さないと目をこらしてウキを見つめます。

すると4ヒロから少しだけシモッたウキが、僅かに海中で動いた気がしました。すかさずアワセを入れてみると、

よっしゃ~~~っ、今度はグレや~っ!

恐怖のフグ練習が功を奏し、会心の一撃です。


hukuronogure.jpg

おみやげのカワハギとグレ


 しか~しっ、やっぱりあとが続きません!。最後までフグの二桁釣りで練習し、納竿となりました。

串本方面 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

潮

Author:潮
ミクシーやツイッターなど最近のハンドルネームは潮です。
古くから知ってる人には、ちゃさんと呼ばれています。

 磯釣り大好きで、冬はグレ、夏は夜釣りで大物フエ・コロ・タマ等を狙ってます。子供とたま~にエギングもやりますが、釣果は・・・。
 あと、競馬(POG)とタイガース大好き。ヒマなときや通勤時は読書(ミステリー小説等)が大好きです。
プロフィール

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。