ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

★2001/11/29 出雲崎 武八

2001-11-29 13:56



 何度も通っている出雲崎ですが、今年はまだ顔を出していません。

せっかく顔を覚えてもらったのに、忘れられたら困ると計画したのが今回の釣行でした。

会社の後輩目玉氏も出来るなら平日の空いている日ということで、木曜日に決定しました。

いつものように前日会社が終わった後、即出雲崎に移動し仮眠所で一休みします。

朝起きて素早く用意をし港へ行くと、なんと小川渡船の前には一人しかお客さんがいません



 船頭さんは好きなとこ行きやーと言ってくれます。

もう一人のお客さんはイガミ狙いだそうで、波の静かな奥まったところへ行くとのこと。

目玉氏は以前から乗りたがっていた沖の長島を希望し、私は勝手知ったる武八に決めました。


okinonagasima.jpg

沖の長島の目玉氏



 まず最初の仕掛けは藤原氏のG2釣法仕掛けです。

釣り始めてしばらくすると、サラシからゆっくり沖へ流れていったウキがジワジワとシモって行きます。

あせらずゆっくりめにアワセを入れると33~4cmのグレが釣れます。

続いてすぐに同じようなアタリがありますが、倒したはずベールが起きたままになっており、糸がダダダダーと出ていきます。

それほど大きなサイズじゃなかったですが、痛恨のバラシです。



 エサ盗りも少なく釣りやすい状況だったので、今日は爆釣じゃー!と思っていると、

ここでイキなり朝のゴールデンタイムは終了です。

それまで大したことなかったエサ盗りですが、いつのまにかワンサカ出てきて、どこに投げてもエサ盗りの嵐状態に・・・。

コッパ・ボラ・カワハギ・ハコフグ・ウスバ・アカジャコその他諸々、強烈に沸いています。



 磯際はあきらめ、遠投狙いに切り替えますが、撒き餌の効くところではエサ盗りの餌食になってしまいます。

最近、食いの渋い状態ばかりで釣りをしていたので忘れてましたが、まだまだ11月、秋磯の様相でした。

何とかエサ盗りをかわそうと仕掛けを重くしたり、ガン玉の位置をずらしたり工夫しますが、

25~6cmのグレ一枚とカワハギを2枚追加しただけで弁当船です。



 その後しばらくやって弁当タイムで磯を休ませ釣り再開です。

真剣にエサ盗りをかわそうと思ったら、用意した6キロの撒き餌では到底足りないので、

少し離れたサラシの左端に撒き餌を入れ、撒き餌が少しだけ効いていそうなサラシの先端に仕掛けを入れます

撒き餌を入れる地点は通常なら他の釣り師が竿を出す場所ですが、今日は一人なので誰にも遠慮はいりません。



 この作戦がまずまず成功し、32~3cmのグレを追加します。しばらく同じ作戦をしていると、撒き餌を入れたところに、

中型の魚が沸いています。あれれ???何かな?と目をこらすと、グレが沸いている・・・(^^;オイオイ

慌ててそこに仕掛けを入れますが釣れません。それではと、ちょっと遠投して静かに仕掛けを巻いてくると、

仕掛けがなじんだ頃に竿をひったくるようなアタリがきました。またしても中型グレを釣り上げます。



 グレを何とかもう一枚追加したところで、群れは消えてしまいました。時間にして10~15分だけの出来事でした。

その後、撒き餌の量を気にしながら前の作戦に戻ります。

グレのアタリがしばらく遠のき、時間も14時(終了は15時)になり今日はそろそろ終わりかな・・・と思っていると、

またガツン!とアタリが来ました。しかし今度は引きが違います。

しかも今まで釣った重量感とは比べものにならない感じでしたが、1.7号ハリスが簡単に切られてしまいます。



 うっ、これはデカイのが回っているぞ!と急いでハリスを2.5号にチェンジします。

その一投目でまたガツン!という気持ちのいいアタリで竿が曲がります。2.5号にモノを言わせ強引にやり取りしますが、

相手は重量感こそ無いものの、かなり力強い抵抗をするので、何やろ?と思っているとタモで掬ったのは尾長グレでした。


onaga.jpg

これも34cmと中型の尾長



 残された時間はあと僅か!(何か、つい最近も同じセリフを書いたような・・・)。もっと大型の尾長を!と打ち返しますが、

タイムアップであっけなく終了でした。

やっぱり平日釣行はええもんですねー。


izumotyouka.jpg

25~6cm1枚と32~35cm5枚
スポンサーサイト

串本方面 コメント: 0 トラックバック: 0

★2001/11/24 御五神 ウノクソ

2001-11-24 13:37




 さて、続く24日は御五神。

前日はスゴイお客のようだった清家渡船さんですが、この日は数えるほどしかいませんでした。

御五神島まで30分ほど船を走らせ、渡船屋が集まるポイントでくじ引きです。

Guttsさんが清家渡船代表でくじを引くと11番(だと思う)でした。

この日はジャンケンで磯上がりの順番を決めると私は1番でしたので、2番のアラシさんと共に磯に上がりました。


oitukami.jpg

アラシさん



 私は南東向きの船着きに、アラシさんは南西向きに釣り座を構えます。

数投目で私に25~6cmのコッパが釣れます。しかしアタリは続きません。

ハコフグやキタマクラがエサ取りでけっこう活発です。

また、南東向きはサラシで沖に流されますが、磯をぐるっと回ってアラシさんのいる南西向きの流れに乗ってしまうので、

ポイントをずらして私も南西向きのサラシを攻めることにしました。

oitukami2.jpg



 アラシさんは朝8時頃一尾目のグレを釣り上げます。しかしアラシさんも後が続きません。

南西向きもキタマクラが水面まで浮いてきます。沖を攻めてもハゲやフグのアタリが続きます。

他の磯はどうなのか携帯で連絡を取ると、べーやん・Qさんの乗る磯は100%エサが残ってくると言う悲惨な状況のよう。

Guttsさんは一人で降ろされたそうで、ハゲやウスバがきついと言うことでしたので、ウノクソが一番マシ?なのかな。



 グレのアタリが出ないまま時間は過ぎていきます。今日もボウズかーと思ってるとアラシさんが大きく竿を曲げます。

何かなと思ったら41cmのグレでした

私の方もグレらしきエサの囓られ方をするようになってきたので、これはグレが釣れる!と、

仕掛けを軽くしたり、ハリスを落としたりしていると、ウキがじわじわシモって行きます。



 半信半疑でアワセを入れるとけっこうな重量感

1.7号ハリスだったので慎重にやりとりしながら浮かせると、案外簡単に浮いてきたのは45cmのグレでした。

(これも中泊のサバ同様、脂がのっておいしかったです)。

続いてまたアタリが来ますが、アタったとたんに走られアッと言う間のバラシです。

gure45.jpg



 状況はだんだん良くなってきました。エサ盗りに盗られなければ、グレがつついている感じです。

しかし、なかなか食い込むまでは行かずエサを離してしまいます。

またグレがつついていそうなポイントも限られ、そのポイントに仕掛けを定着させて待つ釣りが必要でした。



 残された時間はあと僅か。グレがいる!、しかも大物が!。絶対に食って来る!という雰囲気です。

アラシさんが30前後のグレを追加しますが、もっと大きいのがいると信じ仕掛けをチェンジ。

ハリスを2号にアップし磯際を攻めると、ドッカーンといきなり走られます。

竿を立ててブレーキを掛けても豪快な走りは停められず、

アッと言う間にハリスを切られました



 尾長?・・・しかもエサ盗りが消え最高の状態になってきました。急いでハリを結びまた磯際を攻めますが、

あれっ!?、回りを見渡すとなんと回収が始まってます。

えーーーっ、絶対尾長が釣れる(バラすかも!?ですけど・・・)という状況なのに、

もうちょっと釣らしてくれー!と思いながらも、慌てて荷物を片付け納竿となってしまいました(T^T)。


beeyan.jpg

この日はまったく釣れなかった べーやん



 結局、他の磯はかなり悪い状況だったようで、Guttsさんが30cm前後を一枚とウスバ、カワハギ等々でした。

べーやん・Qさんの磯は最悪だったようです(^^;



 aoritosio.jpg


帰りに宿泊した西遊魚センターでお買い物。生きたアオリがグラム160円は安い!?。

四国 コメント: 0 トラックバック: 0

★2001/11/23 中泊

2001-11-23 13:18


 ついに待ちに待った四国遠征がやってきました。11月22日、アッと言う間に仕事を片付け定時で会社を後にします。

19時頃帰宅。続いて某社寮住まいの べーやんが私の家に到着。晩飯を食べ、Guttsさん宅に車を飛ばします。

20時30分頃、Guttsさんの車に乗り換え、鶴見区に住むTEAM MAIDOのQさん宅、箕面のアラシさん宅へ。



 結局、最後のアラシさん宅を出たのが22時頃、中国自動車道池田ICから四国を目指します。

途中、山陽道から明石海峡大橋を通り鳴門で高速を降ります。ここまでで池田から140km、料金は7550円。

次の高速までの8.5kmは一般道で、途中のコンビニで休憩し、また徳島ICから徳島道に。



 徳島道~高知道(少しだけ)から松山道に入り終点は大洲IC。徳島から約225km 5100円。

大洲ICを降りるとすぐに大洲道路(無料)。

大洲道路の終点で最初の目的地、エサ屋「釣人館ますだ」さんに到着したのが朝3時少し前だったかな?。



 釣人館ますだで対応してくれたのが takayoshiさんで、行先の中泊についていろいろ親切に教えていただきました。

エサは6キロ2000円(四国は正方形の6キロが売っているのだ!。3キロももちろんあるけど。)。

釣太郎の998円ボイルとほぼ同品質の小粒で綺麗なボイルでした。



 その後、国道56号を南下し宇和島を抜け西海へ。地図なんか誰も用意してないと言うええかげんなドライブでしたが、

朝5時少し前、無事に中泊に到着。到着してみると大きな駐車場があると聞いていたのですが、なんと満車状態!。

どっこも空いてない!!!、ヤバイ!って感じだったのですが、なんとか駐車スペースを確保。



 しかし、その後満車にもかかわらず、後から後から車が入っては出ていき、最終的にかなり山の上の方まで路上駐車で

あふれていました。しかしスゴイ車の数、南紀屈指の混雑地区である口和深の10倍は超えている!?。

こんなんで、乗れる磯があるのだろうか!? と、不安のまま仮眠も出来ずに釣りの用意をする。



 6時頃うっすら明るくなり始め、各渡船の前は人で溢れます。渡船屋一軒につき2隻渡船がある(ないところもある)ようで、

一つはノコギリ等の沖磯、もう一つは大三角等の近場を目指します。

最初にどちらにしよう?と迷ったのですが、利用した「えひめ渡船」さんでは沖磯行きが人気のようだったので、

Qさんと相談の結果、近場行きの船に乗り込みました。



 ますだのtakayoshiさんの情報では、沖磯ならノコ・沖のコケ、近場なら大三角に尾長が・・・と言う話しだったので、

大三角に上がれればいいな、などと甘い考えを持ってましたが、上がった磯は「白浜一番」という磯でした。

あとから聞いた話しでは、なかなか良い磯!?と言う話し(船頭談)でしたが、ホントかどうかは分かりません(^^;

ちなみに、5人でアミダクジをして4・5番目のアラシさんとべーやんはカブトのオカと言う磯に上がりました。



 磯に上がってアミダクジ1番のGuttsさんが中央に、2番のQさんが左に、私が残った左側に釣り座を構え釣り開始です。

私にイキなりハゲが釣れます。ハゲはキモが絶品なのでもちろんキープ。続いてGuttsさんにも良型のハゲが。

nakadomari1.jpg

Qさん(左)とGuttsさん(右)



 しばらくするとGuttsさんの竿が大きく曲がります。タモ入れをしようと思ったら、私の方にもガツーンとアタリが来ました。

な、、、なんやこりゃ!?

かなりの重量感があり、右へ左へ走り倒します。前情報で入手していたサバ?、それともヒラスズキ?

ダブルヒットしたGuttsさんと右へ左へ走り回り、やっと釣り上げたのは45cmほどの丸まるとしたサバでした。



saba45.jpg

このサバはめちゃくちゃ脂がのっておいしかったです。



 前情報ではサバが爆釣していたので、サバのアタリが続くのか!って思ったら、そうはうまくいきません。

しばらくしてGuttsさんがサバ一尾を追加しましたが、サバどころかなーんもあたらない状況に陥りました。

この状況は、悲惨なことに最後まで続き、結局この日はボウズになってしまいました。



 カブトのオカに上がったアラシさん・べーやんコンビの方は、比較的好調?だったようで、

48cmのイガミやアイゴ、30cm前後のグレ、バラシたそうですが大型尾長の回遊もあったそうです。

nakadomari2.jpg

saba3biki.jpg



 中泊から御五神に向かう車の中で、次の日利用する清家渡船さんに予約の確認を入れ、

ついでに今日の釣果はどうでしたか?って聞くと、正直な船頭さんで、

今日は水温が下がってエサ盗りもおらんかった・・・って教えてくれました・・・。

リベンジに燃える5人のテンションは一気に下がってしまったのは言うまでもありません。



 宿泊は清家渡船近所の西遊魚センター。

6500円という料金の安さですが、料理もおいしいですし、朝も5時からご飯の用意をしてくれます。

遊魚センターと言うだけあって目の前は海。船のレンタルや釣り堀があります。

生きアジが16尾1000円で売っているので、目の前の桟橋からアオリタイムです。

アオリ30連続バラシ記録中ですが、この日はヤエンをあきらめリュック針仕掛けで挑みました。

小型ですが見事アオリをゲットし、夜8時には熟睡しました。

四国 コメント: 0 トラックバック: 0

★2001/11/17 市江オオハ

2001-11-17 12:58




 渋い!、渋すぎる!・・・ってグレの食いの話しですけど。

この日は今シーズン市江でも好調なオオハと言う磯にラッキーにも上がれましたが、

決してグレの食いは良いとは言えない状況でした。



 朝イチ、各自釣り座を決めポイントに付きました。

私は一番潮通しの良さそうなポイントが遠慮の固まりみたいに空いていたので、

西向き北側の突端に入りました(南側は湾になっている)。但し、空いているのにはワケがありました。

潮通しが一番良いだけあって、潮が満ちていると比較的小さな波でも磯の割れ目で波が跳ねて、

大粒のシャワーが降るのです。

また、数十回に一回の割合で来る、大きめの波にいきなりバッカンを流され、サシエも撒き餌もなくなりました。

(この後、ガッツさんのルアーで見事バッカンを回収。浮くタイプのバッカンでしたので助かりました)


ooha1.jpg

Guttsさん左と、目玉の大きい目玉君右



 仕方がないので、お隣の後輩 目玉君の横に割り込みエサを使わせてもらいます。

前回Guttsさんが口和深で朝イチ撒き餌を流された時は、コッパとダツだらけになったそうなので、

もしかして私の撒き餌が流されたせいで、一面エサ盗りだらけになったらどうしよう!って心配だったのですが、

この日は数日前からの不調?の影響を受け、

エサ盗りも何もしばらく出てきません。これは、喜んで良いやら、悲しいような。。。



 弁当船が来る9時頃になっても、まだ誰も釣ってないと言う状況。

船頭さんが、昨日もお昼頃から釣れだしたから、もうちょっとがんばってや!と言うので、

その気になってがんばろうと思いましたが、まずはお弁当じゃ。


mesikuu.jpg

メシを食う はたちゃん。

藤原名人のようなガマの帽子ですがウエアはシマノ。



 はたちゃんに続き、私もメシを食っていると後輩の目玉君がグレを釣り上げます。

「メシ食ってる場合ちゃうでー!」と後輩に呼ばれますが、釣りを再開してもエサ盗りさえ釣れません。

はたちゃんは先端のポイントで波しぶきを頭からかぶりながらグレをゲットしています。



 この日のグレは決して活性が高い状態ではなかったですが、1尾釣って、しばらく釣れず、また釣って・・・と言うふうに、

はたちゃんは釣果を伸ばします。活性は低いが釣れてるオオハにはやっぱりグレが潜んでいるのです。

私もタナを深くしたり浅くしたり、試行錯誤しながら最初に釣ったのが右巻き。。。続いて、サンノジです。。。



 サシエを観察すると、フグやハゲではない食われ方(と言うか、さわられ方?)をしています。

道糸をほんの少しだけ張りが出来るように調整すると、何度かアタリが来ましたが食い込む前にエサを離します。



 これは絶対グレや!とG2の仕掛けを0号にしたり、極小のガン玉を打ったり外したり、スルスルにしたり、

ハリスウキを付けたり外したり、ハリを小さくしたり、ハリスを細くしたり・・・・・・・。

なんとかその仕掛けで30cm1尾ゲット。

でも、その後がんばっても続けて食い込みません・・・。

なんでやー!!!

これまで活性が低くともグレがいたなら、スルスルにすればある程度の釣果があったのですが、

この日はそのスルスル仕掛けでも、エサに変化が出るが食い込まない。


ooha2.jpg



 この後、結局釣果は伸びず1尾だけでした。はたちゃんは8尾。目玉君は3尾。

奥まったポイントで一人がんばってたGuttsさんも、最後に波しぶきポイントで1尾でした。


枯木灘方面 コメント: 0 トラックバック: 0

★2001/11/3

2001-11-03 16:34

★2001/11/3

 このあいだ、時間があったので梅田のIBSイシイに行ってきました。

今回のターゲットはこれ。


haaken.jpg



 おおまささん、ばっとまんさんが、2,3個は持ってたほうがいいですよ~と教えてくれた、ハーケンとカラビナです。

ハーケンの方はビトンと同じで使い方が分かりますが、カラビナって何するの?



 お店の人に、「これってどんな時に、どういうふうに使うの?」って尋ねました。

そんなこと尋ねられて、お店の人も困ったでしょうし、

こいついったい何の目的でこんなもんを買いにきたんや・・・!と言う視線を発しながら親切に教えてくれました。

要は、大きなキーホルダーみたいなもんのようです。



 まあ荷物を固定したりするのに使えるかな?、ということで2つ購入。一つ700円くらいでした。

ハーケンの方は、軟鉄でできてるようで、釣り用のビトンと違って一度打ち込んでしまうと、抜けないそうです。

まあビトンも長・短・太短と3っつあるので、形状の違うものを2つだけ購入。1つ500円弱でした。



 早いもので年末まであと2ヶ月を切り、いつのまにか男女群島ももうすぐです。

こんなカラビナやハーケンがホンマ必要なのか?疑問ですが、備えあれば憂いなし!?

男女 準備 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

潮

Author:潮
ミクシーやツイッターなど最近のハンドルネームは潮です。
古くから知ってる人には、ちゃさんと呼ばれています。

 磯釣り大好きで、冬はグレ、夏は夜釣りで大物フエ・コロ・タマ等を狙ってます。子供とたま~にエギングもやりますが、釣果は・・・。
 あと、競馬(POG)とタイガース大好き。ヒマなときや通勤時は読書(ミステリー小説等)が大好きです。
プロフィール

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。