ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

★2001/2/27 すさみ フクラ~赤島

2001-02-27 17:37




 2月いっぱいで、周参見~口和深~見老津~江須崎の枯木灘渡船区はお休みになります。

と言うことで、枯木灘のラストを飾るべく、釣行することになりました。



 火曜日と言うことでどこへ行ってもガラガラだろうと思ってましたが、私たちと同じ考えの人が多かったせいか、

エサ屋にはオキアミがいっぱい積んでいました。さすがに休日ほどではありませんでしたが、普段の平日とは

比べようもないぐらい多かったです。



 今回は、毎度のガッツさん、6連続○○○のtutti-さん、後輩のユキ君との釣行です。

tutti-さんは、とにかく釣れない日を選んで行ってるような人なので、行きの車の中では、

「tutti-さんが行くなら、絶対釣れへんでえ。」と、ユキ君にいじめられていました。


tuttisan.jpg

tutti-さん



 場所はいつもなんですが、決めてません。車の中でどこにしよう?と考えるのもまた楽しい。

大阪を午後9時頃出発し、周参見にあるガッツさんの親戚のおウチにお世話になります。

0時過ぎ到着し、みんなのカバンの中から出るわ出るわ、ビール、焼酎、ワイン、アテ。

朝早くから出発ですが、飲んで楽しくミーティング?。



 朝になり出発!。まず近くの山西渡船を目指しましたが、車がたくさん停まってます。

それならと、口和深へ転進です。しかし、ここも周参見以上の満杯のようでしたので、

Uターンをかまし、再び山西渡船へ。



 駅前にある山西渡船で受付をすませ、港に向かいます。ざっと勘定して30人強という釣り人です。

前日までの釣況は、若干調子を落としているようで、周参見ならカツオ島やエビ島など名のあるA級磯に

釣果は集中しているようです。どこに降りようか迷いましたが、どこも良く知らないのでどこでもええか~。



 船は港を出発しカツオへ向かいます。ここでは前にいた10人近くが降りました。

ガッツさんユキ君もここに降ります。その後、長島、ウス島と客を降ろし、私とtutti-さんの前には誰もいません。

次はどこだと思ったら、稲積島のテトラを挟んで左側の「フクラ」(だったと思う)に船着け。

ほとんど、地磯みたいでイヤ~な雰囲気でしたが、仕方なく降りました。



 釣り始めると潮は全然動いていません。波もなく穏やかだったので、池の中で釣ってるようなものです。

しかも潮は澄んでいて、完璧なボウズパターンです。でも潮さえ動けば何とかなるかなと思い、

ジャンケンで決めた釣場からエビ島向き20mの沈み根を攻めます。


227hukura.jpg

フクラから、エビ島を向いて





 最初にウキを沈めたのは10cmほどのアカジャコでした。(^^;

おっ、餌取りの活性が出てきたかと打ち返します。またウキを消し込むアタリ!。

アワセを入れるとグッと重い!。よっしゃ~!、しかしリールを巻くと重たいけど引きません???

夏の夜釣りでよく釣れるウツボです。ナンデヤネン!?



 弁当船が来たので、他に良い磯が空いていたら頼んますと、言っておきます。

ここで、ハプニング。船の舳先がtutti-さんの竿掛けに接触し、竿掛けが海に落ちました。

また、竿掛けに掛けていたタモ・撒き餌のバッカンも海に転落。あわてて、船に備え付けの引っかけ棒で、タモを回収。
(今日は、カツオでもこれを使い、2度目というのもめずらしい(^^;)



 池のように流れがなかったのが幸いし、バッカンも無事回収しましたが、ビトンは海に沈みました。

周参見の海はいろんなものを飲み込みます・・・。こんな悪いことがあれば、ボウズ必至のtutti-さん。

気分も沈みます。しかし、先ほどの事故に気を遣ったのか、また船頭さんがやってきました。



 「赤島空いてるけど、行くか~?」と言ってます。確か前日に数尾釣れていたはずの赤島でしたので、

あわてて荷物をまとめて磯替わりです。

 しかし、赤島に着いてみるとすでに4人の釣り人が入っています。真ん中に入れてもらうか、右側しか

空いていません。観察すると潮は左に流れてます。右側で釣るのは難しそうです。



 tutti-さんはど真ん中に割り込ませてもらい、私は仕方なく右側に入ります。

潮さえ変われば釣ってやる!という考えです。ここで前回釣行したはたちゃんから電話です。

赤島は磯際狙いとアドバイスを受けました。

私の釣っている右側は底が白い岩で、際も透明に澄んでいるので磯際狙いをしても苦しい状況です。

tutti-さんは磯際で37~8cmのグレを釣り、ボウズ脱出に成功しました。



 磯替わりした当初は他の釣り人も何度か竿を曲げていましたが、昼前からは誰も釣れなくなり、

結局、私はボウズで終わりました。港に着いてみると、ユキ君も39cmのグレを釣っていました。

ガッツさんはサンノジです。普段ならサンノジはリリースなのですが、私の実家の母が食べるというので、

もし釣れたらお願いしていました。


sanko.jpg

サンノジの刺身(え~、これがサンノジと言う味でした(^u^)



 ガッツさんが港で2枚におろして半分コです。臭いがまったくしないので、「このサンコ、絶対ウマイ!」とガッツさん。

グレも釣れなかったので実家に渡さず食べたところ、ホンマにうまかった。

以前にも食べたことがあったのですが、独特の臭いがあり、それからはリリースしてましたが・・・。



 寒グレもラストスパート。ボウズのまま終わりたくはないので、次行こうかな・・・
スポンサーサイト

枯木灘方面 コメント: 0 トラックバック: 0

☆はたちゃん 2001/02/15 すさみ ウス島

2001-02-15 17:24

☆はたちゃん 2001/02/15 すさみ ウス島



前回は江須崎で完全ボーズ(外道さえ釣れず)で四国のリベンジが果たせず、また次回の釣行への暗雲がたち込めます。

そう次回の釣行とは、Web「潮目で・・・」のちゃーさんとの釣行である。

ちゃーさんとの出会いは、まだ「グレ釣り大好き」を作ったばかりの時、メールで感想などをいただいたのが、きっかけでした。



そして、いろいろパソコンのことを質問して教えていただきました。

特におぼえているのが、ある時はたちゃんがちゃーさんに、「メール送られてくるのですけど、

メールに署名されてない方が、いるのですが、この方にご返事だしてもいいのでしょうか?」と

とんちんかんな質問したのです。



そしたら、ちゃーさんは、「たとえ、差出人が書かれていなくても、

メールも人と人とのつながり、大切にして返事は必ずだして、そのつながりを大切にしてください」と

教えていただきました。

このエピソードからもちゃーさんの人柄がよくでているというものです。

そして実際にお会いして、話してみるとさらにその誠実なかたということは、揺るぎ無いと確信しました。



さて、ちゃーさんも2月11日、12日とニフの仲間とのOLMで幹事をされ

(休みなら宴会だけでもいきたかったなー)お疲れなのにもかかわらず、

こちらの朝駆け釣行という、スケジュールに合わせていただきました。



待ち合わせの釣太郎さんに、待ち合わせの3時50分より少し早くいきました。

着いて、さっそくちゃーさんに携帯で連絡します、あたりを見まわして、

携帯をもっているかたを探すとエサを混ぜるところに、ちゃーさんがいました。

さっそくあいさつを交わします。

ある程度、Web上の写真で見ていましたので、違和感はまったくなかったです。

同じくらいの歳かなと思いましたが、私よりも4歳年上、すらっとスリムでカッコいいんです。



ちゃーさんはマキエをもうつくられたということなので、さっそくネットで申し込んで、

解凍してもらったマキエを受け取りにいきます。

しかし、マキエ3kgが548円(さらに値下げしてました)と、

今回は串本に行くかもしれないということで、アミエビ1.5kgもたのんでいました。

それプラス、イワシパワーグレとを混ぜ合わせ、サクサクとマキエを作りました。



釣行先はどこにしようか、二人で考えます、家を出発する前にもネットで前日の釣果を確認しましたが、

まだ更新されてなかったので、思案に暮れます。

しかし、今日もさぶーい、小雪もまっている、「最悪ですねー、波や風がキツいと

予報では言っていましたが、なさそうですね、串本まで行って×だったらショックも大きいので、

周参見にいきますか」て決まりました。



周参見は磯割をしていますので、希望の磯に乗るには、その渡船を利用しなければなりませんので、

今回はカツオまわりの山西渡船さんにお世話になりました。

山西渡船さんははじめてです。待合室でいると、若いにいちゃんが入ってきました。

挨拶をすると、船頭さんの友達だそうで、周参見の最近の状況を教えてくれます。

いろいろ、聞いていると「あんたら、どっかいきたいとこあるの?」と聞いてくれたので

「ウス島いこうと思います」と言うと、「ウスやったら釣れるで、間違いないわ」との返事です。

「そんなプレッシャーかけんといてください」と笑っていいました。



出船時間が近づいてきたので、準備にかかります。周参見港は改修工事も順調に進み、

南紀屈指のマリンスポーツの受け入れ態勢のととのった所となるでしょう。

磯釣りにしても、システムもしっかりしていて、安全で初心者にもやさしい

受け入れ態勢のととのった、地区と思います。



ウスは一番さきに着けるというので、舳先近くでポサッとしているてと、

「はたちゃんですか?」と声をかけてくださいました。

見ると女性の方です、もしかして・・・「いつもお世話になっているKEIKOです」と挨拶していただきました。

いやー偶然であうとは、実は行きの車でKEIKOさんのことも話題にでてたんですよ。

ちゃーさんからも「今日はKEIKOさんも周参見らしいですよ」と聞いていたので、びっくりしました。

ちゃーさんも紹介しました。



KEIKOさんは最近結成した夢釣会のメンバーの方ときていて、

カツオ島に上がるそうです。がんばってください。

「はたちゃんはどこあがられるんですか?」と聞かれたので「ウス島行こうと思います」と言うと、

「ええとこいきますね」といわれたので。

「すんません、行かしてもらいます(^○^)」これで釣れんかったら?

と考えるとまたまたプレッシャーがかかります。



予定どうり、6時15分ごろ出船しました。

港をでると「ウス行く二人、前いってよう」というマイクが聞こえたので、準備します。

低い磯なので、ピトンをもって飛び降ります。

今日は小潮なので磯も結構水面から出ていますが、それでも小さい磯で2人でいっぱいという感じです。

さっそく仕掛けとマキエを作ります。



仕掛けは、0号のウキに、道糸2号、ハリス2号、針は6号をセットしてウキ下2ヒロで、第一投。

潮は緩やかに、エビ島の方向に流れているようです。

ちゃーさんも、カツオ島の釣り座から流していきます。

Webで知り合ったかたと、釣行するのが今回で3回目です。

最近では慣れてはきましたが、けどやっぱり緊張しますね。

しばらくは、自分のウキよりも相手のウキを見てしまいます。



ちゃーさんはいきなりウキを沈めさせながら、釣っている。「むむむ・・おぬしやるな・・・」、

「沈ませ釣りですか?」と聞いてみると、「この0号のウキ、前は浮いていたんですが、

この前から沈んでしまうんです」との返事。

しかし、しばらくしてその仕掛けで、魚をかけられた。

結構引いているのでタマの用意をしまっていると、アー残念!サンノジでした。

しかし、魚の活性があるというのがわかり、チョット期待がもてます。



はたちゃんは足元のサラシにマキエをいれて、仕掛けをそのすぐ手前に振りこみサラシの切れ目を狙います。

時々サシエをとられたり、ウキがはいったりするのですが、スバリを引かされます。

そうしているうちに、ちゃーさんが竿を再び曲げます。

今度はグレです、初めのグレなので慎重にすくいます。「やったー!」

ほんと釣りに行って、グレが早々と釣れると、ほんとうれしいし、ほっとします。

こんどは、わたしにと、すかさず流しますが、竿は曲がりません。

そして、またしてもちゃーさんにアタリ、またまたグレちゃんです。うらやましー。



そこで、はたちゃん得意のスリスリお願い作戦で、「どんな仕掛けでされてるんですか~」と

捨てられた子犬のような目で聞きました。

「G3のウキにガンダマ打って、4ヒロ近くでしています。」と教えていただきました。

さっそくガンダマを打ってなかたので、打って張り気味に流していたのを、少し糸ふけを出しながら流します。

するとアタリがあり、「よっしゃー」とあわせると、なんかおかしい?ウキが帰ってこない

そう、高切れです、糸ふけ出しすぎて手前の根に道糸が引っかかっていたのです。

なにやってんだか!



仕掛けを作り直し、気を取り直して同じ所を攻めると、ウキが斜め横に入りました。

竿をたて、前に出てやり取りし、上がってきたのが、グレでした。「うれしー」

そして弁当船までにもう一匹追加しました。



このころから、しだいに風がきつくなり潮も上げてきて、時々足元を洗うようになってきました。

ちゃーさんは、さらに一匹追加し、そして大きいのをバラシた直後に、

今回は仕事でこれなかった磯メバルさんから、ちゃーさんの携帯に電話があり、

「まいどー、今ちゃーさん大きいのばらしたとこですよ、ナイスタイミングですね。」などと話しました。



風でアタリがでなくなったので、ここで、00号のウキに変更し、少し沈ませぎみにし、

穂先を海中に入れて、風の抵抗を少なくしました。

すると、またアタリがでだして、グレを追加していきました。

そして、何尾目かのグレを絞めていると、ちょっと大きい波がきてかぶってしましました。

絞めたグレをドンゴロスに入れ、さあ釣るぞと・・・・。

「ない、ない竿がない?、えっ、ウソ?」



いくら探してもありません、きっとさっきの波で流されてしまったようです。ほんとキレイさっぱり、跡形もなく(>_<)

ものすごいショックでしたが、まだまだ時間はあるので、予備の竿とリールを探します。

そう、はずかしいので、ちゃーさんにわからないように、こっそりと・・・。

しかし、なんと予備のリールのハンドルが折れているではないか。



万事休す、「ハンドルの無いリールはただのゴミ?」など考えながら、途方にくれていると、

ちゃーさんが「どうしたんですかー?」と聞いてくれたので、半泣きになりながら(^○^)

「竿ながされまして、予備のリールもってないですか?」と聞きました。(>_<)

しかし、今日にかぎって置いてきたとのことで、なんてこった。



「電話してリールもってきてもらいましょう」と言ってくれたので、お願いすることにしました。

と、そのとき、カツオ島方面から渡船がやってきました、グットタイミングです。

さっそく訳を話すと、船頭さんは「すぐもってきたるわ、なんでもええか?、

潮もうすぐ引いてくるから、がんばってやりや」と、いやな顔ひとつせず、いってくれました。



 マキエだけしながら、まっていると潮はかなり速くなり、

エビ島とオオギシの間にむいて流れています。最高の潮のようです。

しばらくして、渡船がリールをもってきてくれました。

さっそく仕掛けをつくり直します、風が西向きに変わり、波もでてきたので少し大きめの00ウキで再開です。

しかし、これでも仕掛けがなじまないので、ガンダマを追加して微調整していきました。



この仕掛けが潮にマッチしたのか?、スバリを引かされることも、

結構ありますがポツポツグレを追加して行きました。

ちゃーさんもアタリがあり、ウキも沈むようですが、やはりスバリを引かされてたり、

針はずれがあって、苦戦しているようです。しかし、仕掛けをマメに替えて3匹追加しました。



ふたりとも、ずぶぬれになりながらも、竿を一生懸命、休むまもなく釣り続けました。

ただ、後半は潮のかげんか、海底に溝があるのか、はたちゃんの前のある一定の距離でアタリが出るようになりました。

納竿前には、活性がひときわ上がってきて、竿先にスコーンとくるやつもいました。

ちゃーさんに「こっちでやりましょう。」といったのですが、遠慮していたみたいで、きてくれません。

まあ、初対面ですからしかたないですね。

でも次からは、「あっ、ごめん!はたちゃん」といって、ウキ飛ばしてくると思いますが・・。(^○^)



2時半頃に、渡船が迎えに来て、本日の釣りはお終いです。

最後にちゃーさんは風で帽子を飛ばして、渡船から、あみですくっておりました。(言っちゃった!)

港に帰って、数えてみると22匹もありびっくりしました。

大きいのはあんまりなかったけど、まれにみる大漁でした。よかった、よかった。



お世話になった山西渡船さん、いろいろご迷惑をおかけしてすみませんでした。

他のお客サン(常連さん?)も、和気あいあいの雰囲気で、待合室の中はいつも笑いがあり、おもしろかったです。

ちゃーさんも楽しいかたで、行き帰りの道中も、あっという間だったのが残念でした。

今度は、串本か出雲でゆっくりといきましょう。(オフレコの話しはナイショ(^.^))

枯木灘方面 コメント: 0 トラックバック: 0

★2001/2/15 すさみ ウス島  

2001-02-15 17:01

 

 磯メバルさん、はたちゃん、私でweb親睦釣行をしようと計画したのが2月15日だった。

磯メバルさんの都合により延期となったが、休みも取ったことだし、一緒に行って、いろいろ教えて下さい、

ということで、今回の釣行になりました。



 前日までの釣況はイマイチ?と言った雰囲気で、15日の天気予報は風がやや強く、波が2.5mということであった。

はたちゃんとのメールのやり取りで、天候次第で串本方面も視野に入れ、待ち合わせを釣太郎に午前3時50分にした。

普段なら前日から現地入りし、仮眠所で眠った後に釣るのだが、今回は朝駆けである。

早く寝ようと思ったが何かと忙しく、結局11時頃から2時間ほどしか寝られなかった。



 行きの高速道路では雪が降りチェーンの心配もするほどだったが、御坊に着くと雪はやんでいた。

こりゃ、今日も寒~い釣りになるのか?」とちょっと不安になる。

待ち合わせより早めに釣太郎に到着し、オキアミ2枚でエサを作る。

ヒマなのでブラブラしていると、はたちゃんのエサも置いている。オキアミとアミエビ。φ(.. )メモメモ

そうこうしている内に、はたちゃんがやってきた。



 はたちゃんとはネット上で何度かメールや掲示板でやり取りをしているが、会うのは初めてである。

HPの自己紹介写真(ピンぼけ?)を見る限り、私よりも若くて細身の青年をイメージしていた。

実際にお会いすると、がっしりした体格の好青年風?
(はたちゃんのすべてを知っているワケではないので、「ふう」を付けておきます(^^))

の方であった。なんでも、最近ビールが美味く10キロほど太ったそうである。



 挨拶もそこそこに、釣太郎の釣果ボードを参考に釣り場を考える。

思ってた以上に風はなく、枯木灘方面も大丈夫だろう。はたちゃんの駐車場で車を乗り換え、作戦会議。

周参見は相性が悪いとのことだったが、結局、周参見を目指す。

釣りのこと、ネットのことなど話しをしているうちに、アッという間に到着である。話しっぱなしだったこともあるが、

田辺から枯木灘は近いぞ。私も南紀に住みたいぞ~。



 私は周参見は初めてだったので、磯ははたちゃん任せ。木曜とあってお客さんも少ないようだった。

山西渡船に乗り込み待っていると、女性釣り師がはたちゃんに声をかけている。

掲示板でおなじみのKEIKOさんであった。偶然とは恐ろしいモノです。

KEIKOさんらはカツオ島を目指すそうで、私たちはウスに降り立った。





 ウスは低く小さな磯で、稲積島のすぐ隣にあり、「ホントに釣れるの~?」という感じの磯である。

はたちゃんはエビ島向きに、私はカツオ島向きに釣り座を構えた。

海の状況はあまり波がなく、風もそれほど強くなかったので、0号オモリなしの完全フカセで釣り始めた。

しかし釣研の0号ウキは前回の釣行から、何故か投げ入れたとたんに沈んでしまうのである。

その時は潮のせいかと思っていたのに違うようである。



 いきなり沈めさぐり釣りになってしまったが、3投目に磯際に沈んだウキをゆっくりシモらせていると、いきなりアタリが。

結構重量感がある。はたちゃんもタモを持ってきてくれる。

しかし、竿を何度も叩くヤツは・・・。やっぱりサンノジであった・・・。


 こりゃいかんと、ウキをG3に、ハリスにG3を打つ。ウキ止めは4ヒロにセットし、

アタリがあるとウキがウキ止めを通過するようにした。


usu4.jpg



 その仕掛けで再度流すとすぐアタリ。今度は少し小さいがグレである。

急いで絞めてドンゴロスに入れ、次も連発でグレ。しかし、良いことは長くは続かないのがグレ釣りである。

差し餌はとられるもののアタリが出なくなる。

 ここから、はたちゃんオンステージが始まった。着々とグレを釣っていく。

00ウキで沈めながら流れに乗せ、張って,ゆるめて、張って、ゆるめて と言う感じで連発している。

海は風がやや強くなり、波が少し出てきた。全体的に濁っていて、いかにも釣れそうな雰囲気をかもし出していた。



 10時頃、釣った魚を絞めていたはたちゃんが、なかなか釣り座に戻らないので振り向くと、竿にリールをセットしていた。

「どないしたんですか?」と声を掛けると、魚を絞めたあと振り向くと竿がなかったそうである。

足場を洗う波に、さらわれたようだ。予備のリールはハンドルが折れていて使えないそうである。

私も予備リールをいつも持っているのだが、今回はリールの調子が悪く置いて来てしまった。



 はたちゃんは竿先にハリスを付け釣り始めたが、すぐに渡船が来たのでリールを頼んで持ってきてもらった。

そしてまた、はたちゃんの爆釣が始まる。

普通の磯なら座ってちょっと休憩したり、弁当食べたり、釣りを眺めたりするのだが、

常に足場を洗う磯では、釣りしかする事がない。

結局、ラストまで釣り続け、私6枚、はたちゃん16枚の釣果であった。

usu8.jpg


 さてさて、どこでこんなに差が出たのだろう?と自分なりに分析してみた。

はたちゃんは、私のポイントより自分の方が良かったと謙遜していたが、

たとえそうであっても私は+2,3枚止まりであったと思う。

はたちゃんの釣りを見て、数釣りのコツが少し分かったような気がする。



 まず一つは、ポイントの読み。釣れるポイントを的確に読んで釣りをしていたように思う。

私の場合、流れまかせというところがある。風や波は常に変化するので、

いつも同じ場所を流れるとは限らないし、仕掛けの沈み具合も一定ではない。



 次にパターンの確立。釣れるときは同じパターンでどんどん来るので数が稼げるのは分かっていたが、

上記の通り流れまかせなのでパターンを確立できなかった。

私が散発的に釣っていたのに比べ、はたちゃんは後半、同じところを丹念に釣って数を稼いだ。

その他にも、いろいろ理由はあるのだろうが、一番大きな理由はその二つかな?。



 しかし今回の釣行は、いろいろ勉強になったし、はたちゃんといろいろ話せて楽しかった。

また次回お会いできることを楽しみにしております。



枯木灘方面 コメント: 0 トラックバック: 0

★2001/2/11 江須崎 寒グレバトルOLM ~ 白浜

2001-02-11 16:53


 さてさて、釣りの方は9人で1尾という最悪の状況。今回は省略させていただきます(^^;

釣りの後、グレスペさんの保養所(白浜のリゾートマンション)の模様をご覧下さい。


OLM0.jpg



==============  OLM後の声  ==============

by ちゃー



 OLM参加の皆さん どうもお疲れさまでした。

また、買い出し、料理、差し入れ、お手伝い、宿の手配、

その他もろもろ、どうもありがとうございました。m(_ _)m



●64.5cmさん>ロクさんは大蛇と縁がありますね〜。今年こそ釣って

いただきたかったのですが(^^;。前日までの情報なら釣れるはずだったんで

すがねえ(ーー;)。



●あいすさん>昨年のチャンプの貫禄??で、見事に外道賞おめでとうござ

います。釣れた魚が合計2尾なので、自慢できまっせ〜(^^;デケヘンッテ

帰りは無事に帰れましたか?。



●磯メバルさん>初めてのOLMでお疲れになったのでは?。なんせ、濃い

メンバーですからね(^^;オイオイ。HPの更新が楽しみです。潮目の方も出てき

て下さいね。



●おおまささん>相変わらず見事な料理のウデですね。現地調達の魚が少な

かったのが残念ですが(^^;。今度はアオリーですね。超大物を秘密仕掛けで

ゲットしましょう。



●ガッツさん>一番クジの本命カイラで、思わずにんまりしたといいう報告

が入ってますが(^^)。これもあの人のバチが当たったのかも(^^;。

アオリーの幹事はお任せします(^^ゞ



●グレスペさん>熱闘甲子園さながらの熱き釣りでしたね。私もグレスペさ

んを見習い、真剣に釣りしたんですがねえ。せめてウキが一度でも沈んで欲

しかったです(^^;。



●鶴太郎さん>最後の1投まで頑張らなくては!って言ってたのに、一番先

に竿を仕舞っちゃ~ ダメダメ(^^)。次回のOLMは粘りで連敗をストップさ

せて下さいね。



●べーやん>今年のチャンピオンおめでとうございます。最後の最後に女神

が微笑みましたね。これも日頃の鍛錬の成果でしょう(^^)。次は潮岬で長竿

釣法がんばって下さいね。

====================================


OLM1.jpg

               必殺料理人!?



====================================

byガッツさん

寒グレバトル参加の皆さん、お疲れ様でした。



久しぶりに皆さんにお会いできて、とても楽しかったです(^^)

シーズンも残り僅かですので、今回の悔しさを胸にどんどん釣って、

楽しい釣行記期待してます(^^ゞ



●おおまささん

お相撲チャンコごっつあんです。とても美味しかったです(^^)

いろんなお話、バカウケしました、最高っす(^^)



●磯メバルさん

お初でしたが、OLM如何でしたでしょうか?

これを機会に潮目にもちょくちょく書き込みしてくださいね。



●64.5cmさん

今回も大蛇で、今回も釣りをしたとかしなかったとか(^^ゞ

次回はそろそろ本気モードで爆釣りですね。



●あいすまんさん

昨年チャンピオンの意地で外道賞獲得はお見事でした。

ヒラマサだったらすごかったのですが(^^ゞ



●鶴太郎さん

朝一の「グレいてる」という鶴太郎さんの独り言には、かなり期待したのですが

結果は・・・(^^ゞ今週?頑張ってくださいね。



●ちゃーさん

幹事殿、毎度ご苦労様でした。

OLMは釣れないというか、いつも釣れないというか・・・(^^ゞ

次回は・・・アオリでっか(^^ゞ



●グレスペシャルさん

グレはどこにいたのでしょうかねえ、教えてください(^_^;

宿泊手配ありがとうございました。いい湯でした(^^)



●べーやん

唯一のグレどうもごちそう様でした。さすがに3日連続磯通いはダテでなかっ

たですね。今週は鮎竿持って串本?折ったらアカンよ(^^)

====================================


OLM2.jpg



====================================

by べーやん



こんばんわ 潮目のみなさん べーやんです

寒グレバトルお疲れ様でした。本当に楽しかったです。

皆様には準備・段取りして頂いたこと有り難うございました。

私はというと大会前夜車の中で寝てしまったり、道に迷ったり・・・、ろくなことしてませんで、

お世話になりっぱなしでした。でも1匹釣れてなんとかお役に立ててよかったす。これも海の女神のおかげっす。



●おおまささん

おおまささんの作った鍋、チラシ寿司、グレの焼き物、煮物、そして牛乳リゾット

本当に美味しかったです。私もこれを期に料理と4級船舶免許頑張ります。

替スプールの講義、2号のススメ楽しいお話有り難うございました。

でも1番はおおまささんの犬が泣く顔が最高だったす。

それと意志と息子は堅ければ堅い方がよい・・これも名言ですね。

なんかばらばらになってしまいましたが、またお会いできるの楽しみにしてます。



●磯メバルさん

磯メバルさんはじめてお会いしましたが、やはり想像していた通り素晴らしいお人柄で

(HPの御家族の写真をみて勝手に思い込んでいた)やっぱりHPを開く人は何か魅力があると思いました。

(ちゃーさんも含めて)是非また御一緒してくださいね。



●64.5cmさん

大蛇で、御一緒した時のコーヒー本当に有り難うございました。

64.5cmさんには毛島でもお世話になり今回もまたお世話になり一度恩返しをしなくてはとおもうのですが。

また毛島に行かれる時は声を掛けて下さいね。



●あいすまんさん

あいすまんさんの小坂渡船の話思わずよだれを垂らしてしまいました。

あのドンゴロスがグレで立ってしまう釣果を私も1度は体験してみたいっす。

またよろしくお願いします。イガミ美味しかったです。



●鶴太郎さん

今週は周参見ですか?絶対行かれてるとおもいます。鶴太郎さんと是非1度御一緒させて下さい。

鶴太郎さんは絶対釣ってる時に熱くなるタイプの人だと感じました。

今度は爆釣間違いなしです。今後もよろしくお願い致します。

ツッタロウのHPに一緒に名前載せましょうね。



●ちゃーさん

いつもいつも幹事お疲れ様で有り難うございました。

今回 のカングレ大会が出来たのもちゃーさんのお陰です。

本当に有り難うございました。

また一緒に串本行きましょうね。リベンジしましょう!



●グレスペシャルさん

素晴らしい宿ですね!本当に有り難うございました。

私はかなり色々な面でぼけ倒してしまいましたが、あれが普段の状態です。

毎日仕事で大変です。今度是非一緒に50超尾長狙いに行きましょう。

また行く時に潮目にアップしますね。



●ガッツさん

 チームまいど”楽しみです。一番に会員になるつもりですので!

合い言葉はまいどです!。

それとグレの内臓はやっぱり取っとくべきでした。反省してますのでお許し下さいね。

男女群島の夜釣りのお話内心興奮してきいてました。

私も行ってみたいっす(早速尾長積み立てでも始めようかな!)

====================================


OLM3.jpg



====================================

by グレスペさん



寒グレOLM参加の皆さん どうもお疲れさまです。

辛く・厳しく・悔しく・楽しいOLMでした。



これは、田辺市の国道沿いに住まれている知人から聞いた話ですが、

2月10日、11日、12日の三連休は、過去に経験したことがない程国道が渋滞していたそうです。

「皆さん無事かえれましたか?!」



♪ちゃーさん>

いつもながらにメイン幹事お疲れ様です。

せっかく一緒に渡磯できたのに二人ともまるボウズ。非常に残念です。

次回はあと1ランク上の磯に乗りたいですネ。



♪ガッツさん>

カイラどうでしたか。

全員厳しい釣果だったので、最後の最後までガッツさんのクーラーバッ

クから隠し玉がでてくることを期待したのですが・・・



♪おおまささん>

豪華けんらんご馳走さまです。

11日の夜は皆さんと一緒にいろんな話をしたかったのですが、朝がけ

の疲れに耐え切れず先に眠ってしまいました。

続きは次回ということで。



♪64.5cmさん>

アジのみりん干しあぶり、連続30枚?ギネス達成おめでとうございます。

それにしても、あのみりん干しはうまかったですネー。



♪あいすさん>

あいすさんのイガミは、おおまささんのゴッドHANDにより見事な一

品に生まれ変わりましたヨ。ごちそうさんです。

次回は是非泊まりで参加してください。



♪磯メバルさん>

初めてのOLMでお疲れさまです。(かくいう私も寒グレOLM二度目ですが)

1度参加してしまえば、次回からは大きな顔をして参加できると思いますのでまた色々教えてください。



♪べーやん>

同業者だったとは・・・・・。公私ともども今後ともよろしくお願いします。

激闘3日間本当におつかれさまです。

これがなければなんと寂しいOLMになっていたことか。



♪鶴太郎さん>

くやしいですネー。

来週も南紀遠征企画中ですので、スケジュールがあえば是非ご一緒に。

====================================


OLM5.jpg



====================================

by あいすまんさん



遅くなりましたが、OLM参加の皆さん どうもお疲れさまでした。

勝手言って後かたづけもせず、すみませんでした。m(_ _)m

おかげさまで本日無事監査終了しホッとしています。

ありがとうございました。



●ちゃーさん>いつもながらの名幹事、ご苦労様でした。寒グレシーズンも

 あと少しですがラストスパート、頑張りましょうね。



●64.5cmさん>途中で早い下り潮が流れ出したので64さんが大物を

 つり上げるかと思っていたのですが、残念です。



●磯メバルさん>同じ磯で釣れて楽しかったです。昨日悔しくて磯マップを

 みたら、そこには「ハナレに人がいると全く釣れ無いという欠点を持つ」と

 書かれていました。ナンヤネン ソレ



●おおまささん>見事な料理でとってもおいしかったです。2号通しのお話

もなかなか良い話ですねぇ。私もそろそろ ゜゜(o )☆\(T^T)バキ



●ガッツさん>ガッツさんが途中で釣りをあきらめる程カイラの状況は悪か

ったんですね。爆釣しているかと思いましたが、ウロウロしてる姿を見て内

心ホッとしました。



●グレスペさん>そういえば、グレスペさんとは一緒に釣ったことなかった

 ですね。今度時間が合えばご一緒させて下さい。



●鶴太郎さん>やっと終わったよぉ。NCもOBも無かった。鶴さんは明日

 ですね。無事終了することを祈ってます。



●べーやん>チャンピオンおめでとうございます。潮目のチャンプはどの磯に

 行っても竿頭にならなければいけないって知ってました?ウソ

 アシカで頑張って下さいね。



====================================

by 鶴太郎さん

遅くなりましたが OLM参加の皆さんお疲れさまでした。  鶴太郎です



あ~、これでOLMトータル4連敗! ついでに今シーズングレ3連敗

どうしよう? もしかしたらこのまま今シーズングレよう釣らんかも・・・

・・・・・ぐちが出てしまった・・忘れてください    (^^;ハッハッハッ



●ちゃーさん>毎度毎度、見事な幹事。本当にご苦労様でした

       クジ順まで変わっていただきありがとうございました

       ちょっと!、もうリベンジしたんですか

       しかも大釣りしたそうで・・・おめでとうございました (T_T)シクシク

       今回つりの最中に右膝の古傷を再度いためてしまいまして

       途中で諦めてしまったんですが次回は最後まで頑張ります



●64.5cmさん>今年も大蛇だったみたいですね

          なんか、今回はピクニックモードに入らなかったとか

          次回はお互い爆釣モードに入りたいですね

       ・・・次回からのOLMの挨拶はやっぱり64さんですよね (^^;



●あいすさん>連覇ならずに残念でしたね。しかし、あの状況でイガミゲットは

       見事でした、尊敬します。今後は師匠(何人目?)と呼ばせていただ

       きますので底物ご一緒させてください

       あっ、ISOこちらも無事終了しました

       これで、半年は釣りに専念できますので今週リベンジしてきます



●磯メバルさん>お初でした、HP見てたはずなのに最初顔がわからずごめんなさい

        しかし、歳を聞いた時は本当にビックリしました

        これからも、OLMの常連さんとして夜釣り、イカ(?)釣りにも

        参加しましょう・・・・・・お互いですけど(^^;



●おおまささん>本当に見事な包丁捌き。料理人は工夫が大事なんだと感動しました

        朝食のリゾットもどき、早速ためしました。うまかったです

        今後は私の貴重なレパートリーの一つとなるのは間違いないです

        次はあおりイカの料理法を教えてください・・・・・

        アオリOLMってあるのかな? おおまささん幹事でしょうか?



●ガッツさん>カイラでご一緒できてうれしかったです

       朝一番は釣れると思ったのですが、餌のかじられ方がグレっぽかった

       もので・・・・・・・・(^^;ハッハッハッ

       今度アオリのつり方は教えてくださいね



●べーやんさん>3日連続のグレ釣り・・・・若さですかね・・すごいです

        しかも、唯一グレをしとめるとは・・・・うらやましいよ

        やっぱり、グレは根気と根性ですかね

        連覇めざして頑張ってください

        でも連覇は絶対阻止しますから・・・誰かが



●グレスペさん>また、今回もつれませんでしたね、私は江須崎との相性が悪いので

        しょうか?でも今回はカイラに上がっても釣れなかったと思います

        今週末リベンジに行きましょう 絶対行きましょう

        目標23(?)匹    ハッハッハッ(^^;;

枯木灘方面 コメント: 0

★2001/2/2 口和深 重箱 

2001-02-02 16:44

 前週、ガッツ氏、ガッツ氏の友人M氏の初釣りに江須崎へ釣行したが、生憎の悪天候のため、

枯木灘一帯は全船休業状態。ガッツ氏・M氏の初釣りは仕切直しとなった。

このメンバー+私の会社の先輩「tutti-」氏を加え、4人での釣行である。

 そして2月2日も、また強風である。何とか渡船はギリギリ大丈夫のようであったのが救いである。

どこへ行くかが最大の問題だった。釣況は枯木灘は下り坂、串本方面は順調というところ。



 ガッツ氏は悪天候と言うこともあり、串本方面を推していた。私も特に希望は無かったが、

近い方が良いなあなどと考えていた。いつもMさんの希望を聞いていないので、今回はMさんに

決めていただこうと言うことで、口和深に決定。



 金曜で悪天候ということもあり、釣り人は少なかった。10人強の釣り人を乗せ、谷口渡船は出発。

波がきつく、船は木の葉のように揺れる。渡船では酔わない私だったが、久々に酔いそうだった。

立島で船の後ろから前へ出ると、他の3人は降りたようである。空いているので一人ずつ磯に乗ろう

と私が言っていたので、みんな先に降りたようだ。



 私は久々に一人で釣ろうと気合いが入るが、重箱で2人おろした後、船頭がここで降りろと言う。

良いポイントは先の二人に押さえられたが、水道で釣れるということで、そちらで竿を出すことにした。

釣り始めた頃は風もさほど無かったのだが、すぐに正面から強風が吹くようになり、

大片との水道ではとても釣りにならなくなる。仕方なく、船着き側に移動した。



 海の状況は完璧な澄み潮で、魚の活性が低く、差し餌も着いたままの状況が続く。

風は突風が吹くようになり、何度も海へ落ちろと言わんばかりに、背中を風に押される。

そんな中、小用をたしていると、なんと私のロッドケースが流れているではないか!

中には予備の2号竿、リール、スプール、そして大事なデジカメが入っている。



 ちょうど前方では下谷渡船が漁をしている。お~い!と全身を使って船にアピールすると、

気が付いてくれたようで、こちらに船を向けてくれる。無事浮いていたロッドケースを回収していただき、丁寧にお礼した。

その後、あわてて中身を確認すると、ショック緩和のためタオルを巻いていたデジカメは、

海水のため、瀕死の状態である。(その後、ご臨終となりました(*_*)



 気を取り直して釣りであるが、約20m先の黒いシモリを狙って、スルスル仕掛け。

2度ほど、かなりの大物を掛けるものの2度ともバラシ・・・。



 結局、ボウズ&デジカメショックのまま、納竿となった。

枯木灘方面 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

潮

Author:潮
ミクシーやツイッターなど最近のハンドルネームは潮です。
古くから知ってる人には、ちゃさんと呼ばれています。

 磯釣り大好きで、冬はグレ、夏は夜釣りで大物フエ・コロ・タマ等を狙ってます。子供とたま~にエギングもやりますが、釣果は・・・。
 あと、競馬(POG)とタイガース大好き。ヒマなときや通勤時は読書(ミステリー小説等)が大好きです。
プロフィール

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。