ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

★99/12/11 出雲崎 カナトコ~助八

1999-12-11 16:06



 串本出雲崎から引きつった笑顔で帰って参りました。

釣れたことは釣れたのですが、爆笑とまでは行かない今イチの釣りでした。



 9日金曜夜、先輩に自宅に迎えに来てもらい9時半出発。途中ゆよしで

前回江須崎でエサ取りの猛攻にあいまともに釣りが出来なかった教訓を生かして、

今回はオキアミ9キロとボイルのさし餌を買う。午前1時半頃出雲崎に到着し仮眠。



 金曜日とあって釣り人は少なく小川渡船、谷口渡船とも15人前後。

私と先輩3人は2名2名に別れ、私とTさんはカナトコに渡った。

最近底物の大判が上がった記事が新聞に載っていた磯である。


明るくなって海の中が見えてくると江須崎同様ものすごいイワシとハコフグ(ーー;)。

何とか かわそうと遠投をすると重々しい引きが来た。あれれ、でもちょっと違う。横に走る走る。

カツオかな?と思ったらやっぱりスマカツオ。



 10時の見回り船で磯代わりをする。すいているので上がれる磯はいっぱいある。

船頭の薦めで助八に渡った。弁当を食べて少し休憩し釣り再開。

エサ取りのイワシやハコフグが見えるがカナトコほどではない。

しかしエサ取りをうまくかわすとさし餌はそのままの状態で帰ってき、

エサ取りの中に沈めるともちろん一溜まりもない状態。



 あきらめ始めた12時頃、ゆっくり沖へ向かっていた潮が、ゆっくり手前に戻ってくる当て潮に変わった。

エサ取りをかわしたさし餌が頭を盗られていたり(生)、ボイルはかじられた跡が残る。

仕掛けを完全フカセのスルスルに替え、勝負をかける。

エサに変化の出るのが深いタナのようなのでG5を2コ付けて落とし込みの速度を調整。



 12時半頃待望の1尾目33cmの口太。しかし連チャンで来るほど甘くはなく

13時すぎにやっと2尾目35cm。伊勢エビ漁のため2時までと言うことだったので、

これからという感じであったが、13時半に納竿。



 この日双子の親では3人で10尾、地方よりの磯で一人で5尾という人もいた。

サイズは30~35位で大判は出なかったようです



今度はいつ行こ。
スポンサーサイト

釣行記 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

潮

Author:潮
ミクシーやツイッターなど最近のハンドルネームは潮です。
古くから知ってる人には、ちゃさんと呼ばれています。

 磯釣り大好きで、冬はグレ、夏は夜釣りで大物フエ・コロ・タマ等を狙ってます。子供とたま~にエギングもやりますが、釣果は・・・。
 あと、競馬(POG)とタイガース大好き。ヒマなときや通勤時は読書(ミステリー小説等)が大好きです。
プロフィール

カウンタ

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。